BCの魅力!! ハマるためには?? vol.3

Posted 7月 25th, 2017 by ken

バックカントリースキーの魅力!!

前回・前々回と、BindigそしてBootsをご紹介してきましたが、今回は…、

これからハマってみたい方、そして、

現時点ではハマるつもりはないけど、近い将来ハマってしまうであろう方へ、

 CLIMBING SKINS=シール

をご紹介します。いろいろなメーカーがありますが、ピステイチオシは『G3社!!』

G3_Alpinist_Coil のコピー

BCフィールドへ行けば自分の足が命!!(ちょっとオーバーですが)

ゴンドラやリフトがない環境が待ち構えている訳で、

自分の足で歩いて登る必要があります。板を担ぎ・バックパックに取り付け…。

特にシーズン中の雪は柔らかく足は当然雪の中に埋り、一歩踏み出すのも一苦労ですが、

DSC_1970

今回ご紹介するシールがいい仕事をしてくれます。

スキーを履いたまま斜面を後退りすることなく登れるようになる魔法のアイテム!!

使用方法は至ってシンプル、スキーの滑走面に貼り付けるだけで…、

DSCN2138

斜面をすいすいと…登れます。

IMG_5797

ツアーBindingとあわせて相乗効果!!

bbfc070055e18066c0c46e6d41a3d785

 

『どのようにして貼付けるの?   登れる仕組みは?』

 

①まずは貼付ける仕組み…、

滑走面に貼付ける面は『グルー』と呼ばれるノリ状になっていて、

かなりしっかりくっつきます。

写真だと分かりずらいですが結構『ネバネバ!!』です。

DSCN2460

G3のグルーの粘り強さは、ハイシーズンの寒さで威力を発揮してくれます。

ノリが弱いと気温が下がるほど剥がれやすくなります。

 

トップから貼付けていきますが、

フックのようなパーツを『カチッ』と2箇所はめ込みます。

パーツは可動式なのでほとんどのスキーのトップの形状に対応。

DSCN2492

トップを固定したらシールでエッジが隠れないように貼付けていきます。

(エッジまでシールで覆ってしまうと斜めに登る時にズリ落ちてしまいます)

DSCN2463

このようなカッターが同封されており、余分な所はカットする必要がありますが、

7400259_s のコピー

不安な方はピステにお願いすれば大丈夫!! 

テール側の固定の仕方は、↓写真のように↓

テコの原理でクリップを返すだけで簡単に固定できます。

7400695-2 のコピー

DSCN2458

 

②次に雪の斜面を後退りすることなく登れる仕組みですが、

接雪面に無数の毛が斜めに植えられていて後退しようとすると、

毛が雪に食い込んで、ブレーキをかける構造になっています。

↓写真のように↓テールからトップ方向へ手でなでてみると

『ザラ、ザラザラザラッ!!』とすごく抵抗を感じ引っかかるような手触りです。

登る時にはこの抵抗がグリップ力を果たしてくれ、後退りしなくなります。

DSCN2501

↓今度は逆の方向↓へ手でなでてみると『スル、スルスルスルッ!!』抵抗なく滑ります。

DSCN2500

登りの際には、一歩ずつすり足で歩いて行く訳ですが、

抵抗が少ないとストレス無く足を前に運ぶことが可能になります。

グリップ力スライド性のバランスの良さもG3の魅力!!。

 

そして…、

『素敵な景色を眺めながら登り、いざ滑りましょう!!』

となったらシールをバックパックに収納ですが、その時に必要なのが、

チートシートと呼ばれるメッシュのシート!!

DSCN2495

折りたたむ際にグルー同士を直接貼り付けてしまうと、とても剥がれにくくなるほか、

転写した面からグルーが剥がれてしまう可能性もあります。

こんな感じでチートシートを挟んで折りたたみます。

DSCN2471

DSCN2473

折りたたんだら専用の袋へ、バックパックにもすっぽり。

DSCN2474

 

今回ご紹介したピステイチオシのG3のシール、モデルも複数ありますが、

これからハマってみたい方、そして、

現時点ではハマるつもりはないけど、近い将来ハマってしまうであろう方へ、

特におススメするモデルは、『ALPINIST』

グルーの粘り強さ・グリップ力・スライド性のトータルバランスに優れます。

G3_Alpinist のコピー85mm  ¥18,500(税別)  100mm ¥19,000(税別)

115mm ¥19,500(税別)  130mm ¥21,000(税別)

145mm ¥23,000(税別)

 

野沢BCツアーでシール初体験だった『◯戸さん』も、

DSCN3697

この通り!!

DSCN3702

 

お盆前までは店頭でサンプルもご覧になれます、是非店頭で手に取ってみて下さい!!。

DSCN4021

ここ数年の間、やたらと早い時期に、募集が始まっていたイメージの強かった

スキー場さんのシーズン券の募集開始・・・ですが、来シーズンに向けた情報や

動きは、例年よりもスローなペースで進んでいるような気がしているのは、

私だけ??? でしょうか???

 

あれれ??? どうなんだろうか???

と思っていたら、8月1日あたりからは、始まるところは始まる・・・とのこと。

なかなか表向きに情報が少なかったオフシーズンだったのですが、安心しました。

 

暑い夏の始まりではありますが、冬のプランも忘れずにいきましょうね。

何度かブログでもご紹介&ご案内してきましたが、昨年デビューさせた

スキー&スノボ用のPiste オリジナル インソールを、ご購入・ご使用

いただいた皆様に・・・リニューアルデビューさせた・・・・・・・・

 

2017シーズンモデルの スキー & スノボ用インソールへの

作り替えキャンペーン実施中です。

 

既にキャンペーンスタートから50名超のお客様にご利用いただきましたが、

ご希望のお客様がいらっしゃいましたら、なるべく9月末ごろまでには

型取り作業にご来店いただけると有り難いのが本音です。

(ブーツチューンナップが繁忙期を迎えるまでに終えられたら助かるのですが・・・)

 

リニューアルしたインソールやキャンペーンのご紹介はこちらをチェック

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スキー & ボード用インソール 改良!!! つきましては・・・

今週末(22-23日)は、BC (バックカントリースキー) & テレマークスキー用品の

展示を強化して、各マテリアルメーカーさんから、経験豊富なアドバイザースタッフ

の皆様に店頭応援に来てもらう週末です。

 

数年前からPisteスタッフも石田を中心として、少しずつ経験を積み上げては

おりますが、週末の応援スタッフの皆さんの経験と知識には到底かなわない!!

強者の皆様に店頭応援いただきます。

 

体験するとほぼ100%の確率でハマる!! ・・・のが、バックカントリーの世界。

DSCN3796-1

DSCN2272

一度でも体験すると

「なんで早くこの世界に飛び込まなかったんだろう・・・???」

が、合言葉のように聞かれます。私、店長も石田もチューンナップ職人もレッスン

スタッフもみんなそうでした・・・。

そして、同時に思うこと

「それなりにスキーが滑れる技術があってこその楽しさであり、体験!!」

 

一度でも体験すれば、少なくとも年に一回はBCの世界を味わいたい!!

できれば何度でも・・・と、なること間違い無し!! です。

 

とりあえず、大きな初期投資ではなく、最低限度で楽しむための必要マテリアル

だけ持つとしたら・・・どんなものがあれば良い??? など、あまり身構えずに

ご来店・ご相談いただければ良いのですが。

 

まだ道具は持ってないけど、BCやテレマークに興味あり!! といった皆さんも

この機会に是非ご来店・ご相談下さいませ。Pisteが声をおかけしたアドバイザー

の皆さんです、良い方ばかりなので、ご安心を!!!

 

DSCN2038

DSCN2002

DSCN3783

 

 

昨日の定休日は、スタッフとお客様とゴルフに行きましたが、昨日あたりから

突然訪れた感のある ”真夏” に、してやられたスコアで終了。

暑すぎて、後半の体力消耗度はMAXでした。

 

スキーショップとして、長年統計をとっておりますが、「暑い夏」と「冬の大雪」

は、たいてい!! もれなくセットとなっております。

DSC_0351

 

これから始まる本格的な酷暑を凌いで、その先に待つ「大雪の冬」に期待して

酷暑を受け入れつつ過ごしましょう!!

 

熱中症にはくれぐれもご注意下さいね。

 

時間のある時の避暑地に・・・「Piste 店内」もございます。

しっかり冷やしてお待ちしておりますので、大好きな道具やマテリアルに

癒やされながら、涼んで下さいね。

DSCN2058-2-e1487036248399

BCの魅力!! ハマるためには?? vol.2

Posted 7月 20th, 2017 by ken

バックカントリースキーの魅力!!

今日は…、

既にハマっている方

更にステップアップする為の道具選びのポイントです。

 

(前回、これからハマってみたい方、そして、

現時点ではハマるつもりはないけど、近い将来ハマってしまうであろう方へ、

道具選びのポイントを紹介致しましたが、

既にハマっているお客様(ある程度の道具を持っている方)から、

『わしらがステップアップできる道具も紹介してぇや〜』とご要望がありましたので)

 

既にハマっている方が、

特に、アルペンブーツ+ツアーBindingで楽しまれている方が

ステップアップする為には何が必要になるのか? それはずばり…、

 テックに対応したBoots + Binding

 

前回も少し触れましたが、BCエリアへいけば、基本的にはゴンドラ・リフトはありません。

自分の足、そして体力がとても重要になります(日頃からの体力作りも出来れば良いですが)

 

バックパックに板を付けて登るシチュエーションでとても疲れた…、

やっとの思いで登り、いざ滑ろうと思ったら思いのほか体力を消耗してた…、

あそこまで登って滑りたいけど、体力のことを考えるとやめとこうかな…、

いざ滑り出したら、足にきて思うように攻めれなかった…、体力が残っていれば…、

既にハマっている方で、そのような経験をされた方いらっしゃるのでは?

 

登る時に体力を消耗しない道具…そしてなおかつ、滑りも楽しめる道具…、

こんな道具があれば、さらにハマっていけること間違いなしです。

 

まずはBootsですが、

各メーカー、ツアーBootsの開発にかなり力を入れてきています。

数年前までは、アルペンBootsとウォークモード+テックに対応したツアーBootsは、

どうしても滑る時の剛性や足首の使い易さ等に差があった訳ですが、

最近はその差がかなり無くなってきています。

アルペンBootsに近い感覚(滑る時の安心感)でウォークモード+テック対応、

モデルによっては軽量化も実現した夢のようなBootsが出始めています。

ラング・アトミック・テクニカ・K2・フィッシャー・ディナフィット・スコット等など・・・。

DSCN3987

各社こんな感じで、テックに対応した構造+背面にはスキーモード・ウォークモード切り換えレバー。

17:18 G3 ION

ウォークモードにするとこんな感じ、各メーカー40°〜50°位可動します。

17:18 ato

 

Boots選びに関しては正直、履かれるお客様の足との相性があります。

 ここは…、ピステにおまかせ下さい!!

滑り重視だとか、歩きを重視だとか、ご要望に応じた夢のようなBootsをご提案致します!!

 

そして次にBootsに組み合わせるBindingです。テックに対応したモデルですが、

メーカーでいうと、ディナフィット(左)、G3(右上)、マーカー(右下)等がありますが、

17:18 G3ピステイチオシは、

 G3  ION 

ION 12 ¥62,000(税別) ● ION 10 ¥60,000(税別)

  ※ブレーキは85mm・100mm・115mm・130mm

ION LT 12 ¥58,000(税別)※ブレーキ無し・リーシュ付

ION-12-GB-207

テックBindingのメリットはなんといっても軽いところですが、

デメリットはつま先のピンホールとトゥピースのピンを目視してあわせ、

しっかりと圧をかけてはめるのに、やや慣れが必要なところ…。

BCフィールドにいけば、足元が不安定なのが常。

(フカフカの雪だったり、急斜面だったり、不安定な足場が出迎えてくれます)

G3 IONはこの不安要素を取り払ってくれます。

写真で説明していくと、つま先のストッパー:黒い二本のツメに少し圧をかけるだけで

『パチン!!』とはまります。※他メーカーはかなり圧をかけてはめる仕組み。

※後ほど説明しますが、来期商品はここの機構がアップデートされます(写真は昨年までのモデル)

DSC_1151

DSC_1150

ツメに少し圧をかけると『パチン!!』と、簡単にはまります。

DSC_1138

そして歩行の際ですが、ステップインタイプのツアーBindingと違い、

トゥのピンを支点にしてブーツのみが上がるのでかなり軽いです。

ここで歩行時の負担が軽減されますよね。↓ステップインタイプのツアーBinding↓

DSCN3991

テックBindingはこんな感じでBootsのみが上がる仕組み。

DSCN3989

ちなみにクライミングサポートはこんな感じ、2段あります。

DSC_1163

DSC_1161

そして滑る時のヒールの固定の仕組みは、2本のピンで固定します。

DSC_1165

ヒールはステップインして『ガチャッ!!』とはめ込みます。

DSC_1170

正直このトゥとヒールの固定の仕組み、僕自身も(スタッフ石田)最初は『大丈夫かいな?』と

不安がありましたが、昨シーズンのディーラー向け試乗会で実際に、

整地、パウダー、悪雪といろいろな条件でテストしたのですが、

『全く問題ない!!』

そう実感出来ました。『こりゃ、山スキーするにはもってこいだ!!』、そんな印象でした。

 

野沢BCツアーにご参加頂いた◯坂さんも『G3 ION』 をご利用されていらっしゃいましたが、

『私…、山スキーもゲレンデもこれで充分です!!、

      アグレッシブに滑っても全然OKですよ!!』と。

DSCN3695

 

既にハマっている方で、(特に、アルペンブーツ+ツアーBindingで楽しまれている方が

バックパックに板を付けて登るシチュエーションでとても疲れた…、

やっとの思いで登り、いざ滑ろうと思ったら思いのほか体力を消耗してた…、

あそこまで登って滑りたいけど、体力のことを考えるとやめとこうかな…、

いざ滑り出したら、足にきて思うように攻めれなかった…、体力が残っていれば…、

そのような経験をされた皆さん、

『テックに対応したBoots + G3  ION!!』で、

ワンランク上の山岳スキーヤー、目指してみませんか??、とにかく楽ですよ!!

これからハマってみたい方も、いきなりこっちでも問題ないくらいです!!

 

====※ION 10とION 12のアップデートに関して※====

17:18 G3 ION

フロントピースのブーツストッパー(ステップインガイド)がシンプルかつ、

耐久性のあるパーツに変更されます。メリットとしては…、

・視認性アップ      より簡単なステップインガイド、特にソフトスノー上でも履きやすい

・可動しないパーツに変更     製品全体の精度向上

・凍りつかないパーツへ変更    どのような環境でもステップイン性能を維持

・耐久性の向上         破損の可能性が無くなった

・軽量化           ペアで12gの軽量化が実現

 

==================================================

今週末7月22日(土)23日(日)はBC&テレの無料相談会開催ですよ!!

今週末、7/22,23はバックカントリースキー&テレマーク相談会開催!!

 

DESCENTE,GOLDWIN,PHENIX,ONYONE…といった国産有名ブランドの

ウェアは受注生産システムをとっているので、本当に自分の欲しいモデルやカラー

サイズを手に入れるための手段として、この夏の早期予約会をご活用いただくことを

アナウンスしてまいりましたが、その受注申し込みは昨日(17日)をもちまして

締め切りとなりました。

 

メーカーの受注生産システムをご理解くださり、

また、他店様に比べると国産ブランドウェアの取り扱い量は

断然少ないPisteの事情を汲んでいただいた中で

早期のご予約にご協力くださいました皆様に、

この場をお借り致しまして心より御礼申し上げます。

誠にありがとうございました。

 

今回いろいろなお客様に接客をさせていただいたなかで、お客様の立場からみた

受注システムの課題(改善要望)を与えていただきました。

メーカー側の諸事情もあると思いますので、その問題点の詳しくは

この場では控えさせていただきますが、せっかくの受注生産システムなのに…????

ご希望に添えない…???というケースが…。

私自身ジレンマを感じながらも多々ありましたので、販売する側の責任として

私自身が感じた事やお客様からいただいた声をちゃんとメーカーさんに伝えていきたいと思います。

 

そして本日、各メーカーさんからお借りしていましたサンプルを

返却してしまいましたので、国産ブランドウェアの展示は一気に

寂しくなってしまいましたが…、

Piste店頭にある商品でお好みにあいましたら販売は可能です!

また、受注締め切り日は過ぎてしまいましたが、”これ、どうにかならん???”と

いうのがありましたら、ご遠慮なくご相談くださいませ。(その際はお早めに!!!)

スタッフM、得意の全力でメーカーさんに掛け合ってみます!

 

それでは、Pisteのホームページをご覧頂いている皆様!

まだまだ夏の早期予約会は8/13までしつこく開催中ですので、

冬支度の情報収集に是非!ぜひ遊びにご来店くださいね。

 

PS.今からのウェアコーナーはインポートブランドのサンプルが

多数並んでいますので、ご来店の際には、是非!!袖を通してみてください!

そこにはきっと、新たな感動がありますよ。

小回りが得意になるスキー!?

Posted 7月 17th, 2017 by 1pon

大回り系は得意なんだけど、小回りは・・・

そんな悩みがあるスキーヤーの方も多いと思います。

そこで今回はズバリ!!

『小回りが得意になるスキー』

のご紹介です。

 

エラン SL FUSION

今季フルモデルチェンジして登場です。以前のモデルから

クセが無く小回りが行い易いスキーでしたが、NEWモデルは

扱い易さはそのままに、安定感がアップしています!!

メタルが1枚入っているので、しっかりとした乗り味と

操作性の良さが上手くバランスされています。

板の走りも強すぎることがなく、かと言ってモッサリとした

感じもありません。反発力も適度にあり

リズムが取りやすいです。

中斜面までならOKだけど、ある程度の急斜面になると

暴走してしまう!スキーヤーの方には板の反応が

感じ取りやすいので、これまでよりも余裕をもった

コントロールが可能になると思います。

これから1級を受験される方にも是非オススメ致します。

 

K2 TURBO CHAGER

DSCN4003

名前だけを見ると、ものすごく加速しそうなイメージ??

ですが、TURBOと言っても最近話題の

ダウンサイジングTURBO的なスキーです。

K2スキーはパウダーやパークといった、フリーライドな

イメージが強かもしれませんが、実は真面目??なゲレンデ用の板

もあります。しかもなかなか優等生なスキーです!

昨シーズンからCHAGERシリーズが販売され、試乗会でも

その乗り易さと安定感と意外性で話題になりました。

今季はそのシリーズのに小回りタイプTURBO CHAGERが

新しく加わりました。K2スキー全般に言えることですが、

クセがなく、板が動かしやすい特長があります。

低速から板を確実に回し込むこともスムーズに行えるので、

スキー任せではなく、スキーヤー自身でターン弧やスピードを

コントロール出来ます。

また、圧雪バーンではもちろん、柔らかい雪や悪雪でも

使いやすいモデルです。

小回りを行うと、サイドカーブに頼った滑りになり暴走や

ターン弧がだんだんと大きくなる方にオススメしたいスキーです。

 

オガサカ KS-CX

DSCN4004

オールラウンドモデルのケオッズシリーズの中からKS-CX

構成材にメタルが使用されていない分、軽く軽快な乗り味。

中級以上の方は基本的にメタル入りのスキーを選ばれることが

多いと思いますが、小回りやコブが特に苦手な方は思いきって

メタルの使用されていないモデルを選択されるのもありです。

小回りってこんなに簡単で楽なんだ〜!!と思われるかもしれません。

ハイスピードや固いバーンではメタル入りスキーが安定感は

あります。しかしその分ある程度の安定した正確なポジションや

連続した基本操作が必要になります。

KS-CXは多少の失敗や遅れたポジションでもスキーだけが

走り過ぎないので、ご自身のペースでショートターンを

行うことが可能になると思います。

 

小回りが苦手な方で、多くの場合は早くスキーを動かそうと

されてしまい、確実なエッジングが難しくなってしまう。

スピードを抑えるために、止めるエッジングになり

逆に暴走してしまうことがあると思います。

そこで更に走りの強いエッジグリップがしっかりとした

スキーでは、どこに飛んで行くのか分からない〜!!!!

回ご紹介したスキーはただ単に走りの無い、弱い板

ではありません。しなやかで操作性が良く、比較的安定性も

あるモデルですので、小回りが課題の方は候補に入れて

みてくださいね。

 

もし、それでも小回りが上手く行かない!!

その時はPiste Lessonに。。。Go!!ですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

この3連休から、店内のウェアコーナーやアクセサリーコーナーには、来シーズンの

インポートブランドのWEARや、マテリアルのサンプルが並び始めました。

DSCN2597

DSCN2599

DSCN2595

スキーやブーツなどとは違って、WEARやグローブ、ゴーグル・ヘルメットなどは

華やかさがあって、色々と妄想も広がって見ていてとても楽しいものです。

 

ご常連のHさんも朝イチからずっ〜と、計算機を片手に冬の華やかなイメージと

現実の問題を戦わせながら、冬の華やかなイメージの方に負けそうになっては

また戦っていらっしゃいます。

(朝イチ 〜 今現在も進行系にて・・・)

DSCN2600

使うシュチュエーション、着るシュチュエーション、滑るシュチュエーション、

を様々に想像してみては、ああいう時はコレ、こういう時はアレ・・・・

みたいな現実的な妄想を繰り返しつつ、しっかり冬の準備に励んでもらってます。

とても楽しそうで、見ているこっちが嬉しくなってきますね。

DSCN2598

ここからラストの8/13までは、Pisteらしいインポートウェアが、より充実して

きます。シーズン前の店頭在庫には並ばないものも含めて、ご覧いただける

アイテムも展示されているモノもありますから、是非、妄想を楽しみにご来店

下さいね。妄想がいいんですよ・・・この時期はねぇ・・・。

 

早期予約会スタートから特にブーツは先行してご予約をいただいておりますが、

先日あたりから数名のブーツご予約のお客様が再度のご来店・・・

 

「ブーツへの期待で妄想が膨らんで、板も欲しくなりました・・・」

DSCN2584

 

「ここまできたら、ついでに板も・・・」

DSCN2585

 

「せっかくブーツを買って楽しくなりそうな気がするから、どうせなら板も・・・」

DSCN2586

 

というお客様がちらりほらり、いらっしゃいます。

 

人間、夢を追いかける「イキモノ」ということですね。

 

よりハッピーなシーズンを!!!!