遠征BCツアー第4弾、5月18日(金)〜20日(日)、

 立山バックカントリーツアー!!

続編です(三連載最終話)。

================================

奇跡の天候回復の翌日…、20日(日)、

この日の天候は皆さんお察しの通り…、

 !!快晴!!

DSC_1366

↑朝5時前には起床し、太陽さんが出てくるのをお客様数名と待ち構えていました↑

 

この日の作戦は午前7時45分には山荘ハイエースで室堂へ…。

昨日登頂した『国見岳』へのルートを行きますが、山頂までは行かずに、

違うエリアを滑走しながら遅くとも午前10時半には山荘まで下り、

お昼前にはバス・ケーブルカーで麓まで下山して広島へ…、というものでした。

 

朝食・身支度をすませ午前7時45分…、山荘のハイエースにて昨日同様『室堂』まで…、

到着すると各自シールにての登りの準備を開始。

(※ちなみに今日はピステチームOnlyで行動)

出発準備を整えながらガイド:五十嵐さんによるビーコンチェック…、

写真はBCにドハマり中の◯長さん。

DSCN4841

こちらはBC経験豊富なスノーボーダー◯山さん。

DSCN4842

今回参加された皆さん、BC初めての方が2名いらっしゃいましたが、

道具の扱いに慣れるのも早く、準備もバッチリです。

DSCN4843

◯長さん『あそこ行きましょうや!!』と、リクエスト??。

DSCN4845

『私たちが行くのはあそこですよ〜!!』と、五十嵐さん。和やかな雰囲気です。

DSCN4846

 見て下さい、この天気!!

DSCN4855

各自準備を終え…、

DSCN4851

 ピステチーム、いざ出陣!!

DSCN4856

DSCN4857

多くの言葉は必要ないですね、このブログを読んでいらっしゃる方も、

ご自身が行ったかのような気分で景色をしっかり目に焼き付けて下さい(笑)。

DSCN4859

DSCN4861

 見渡す限り人が全くいません…、

 今日は雪山貸し切り??

DSCN4862

五十嵐さん、目指す場所、どのようなルートで登るのかを的確に指示。

DSCN4863

登るルートをしっかりイメージしながら皆さん進んで行きます。

 後ろの景色もご覧のとおり!!

DSCN4869

 時間よ止まれ!!

そんな思いで景色を目に焼付けながら進みます。

DSCN4871

↓↓こちら立山でBCスキーデビュー・山岳スキーヤーデビューを飾った◯登さん。

スタッフ石田がちょっとでも道具の準備を手伝おうとすると、

『ええけ、ええけ、わしゃ自分でやって覚えるけ〜!!』と。

これは来年のツアーも参加決定でしょうか??。

DSCN4872

おっと◯山さん皆をおいて行ったらだめですよ!!(自分の世界に入いっちゃってる??)

DSCN4873

皆さん、◯山さんにおいて行かれないように後を追いかけます。

DSCN4875

↓↓この写真はガイド:五十嵐さんが、登る時の方向転換を(キックターン)

皆さんに伝授しているところ。

DSCN4876

DSCN4877

DSCN4880

いろいろな方法があるかとは思いますが、

簡単に出来る方法を分かりやすく説明して下さいました。

↓↓今度はストックを目安に傾斜の図り方まで。

DSCN4881

DSCN4882

途中、BCに必要な小技のレクチャーを受けながら進んでいきます。

DSCN4883

ところどころ、見渡せる山々の説明もして下さいます。

『あそこの斜面も最高ですよ!!』等など。

DSCN4886

五十嵐さん、ホント頼りになる最高のガイドさんです。

DSCN4887

今回一人スノーシューだった◯山さん、

途中目標地点(合流地点)を五十嵐さんに確認すると…、

 一人旅へ出発??

 絵になりますねぇ、カッコいい!!

DSCN4889

DSCN4890

 壮大な景色を独り占め…、ズルい!!

DSCN4891

スキーの皆さんは仲良くジグザクに登っていきます。

DSCN4893

コチラ◯登さん。

DSCN4894

BC初挑戦ということで不安もあったようですが、シールでの登りもコツが分かってくると、

楽しくて仕方なかったですよね。『わしゃゆっくりでも登りきっちゃる!!』と豪語。

DSCN4896

DSCN4895

 ホント真っ青!!な快晴!!

DSCN4898

◯永さんも、

 めっちゃかっこええですよ!!

DSCN4899

合流地点で◯山さんを待ち構えパチリ!!。

DSCN4902

それにしてもホントに…

 立山貸し切り??(笑)

DSCN4903

無駄に写真が多くてすみません(笑)

DSCN4904

全てを撮っておきたい、そんな気分でカメラのシャッター切りっぱなし??…(笑)

DSCN4906

◯登さんガンバです!!、あともうちょい!!

DSCN4909

山々の後ろに雲が見えますでしょうか?

 僕ら今日は雲の上??

DSCN4910

皆さんがんばり目標地点に到達、水分補給もしっかり行い、今度は滑走準備です。

DSCN4912

滑走準備を終えるとお待ちかね…、

 雲の上でスキー!!

DSCN4917

今日の朝は若干気温が下がっていたので、雪の表面は昨日よりは少し固め。

先ずは出だしの緩斜面で足慣らし…、五十嵐さん先頭にワンラインで行きます。

DSCN4919

◯登さん。

DSCN4920

◯山さん。

DSCN4921

軽く足慣らしが終わったところで記念撮影…、パチリ!!。バナーもちゃっかりあります(笑)

DSCN4923

もう一枚…、パチリ!!。

 もう最高です!!

DSCN4924

記念撮影が終わると、お待ちかねの滑走タイムです。

快晴の青空のもと、雲の上で

 enjoy ski 

◯登さん 、腰高のエレガントな滑りを披露!!。

DSCN0590

 ◯山さん。

DSCN0588

DSCN0589

果敢に攻める◯さん。

DSCN0587

BC有段者へレベルアップした久◯田さん。

DSCN0586

もうBCはやめられない??◯長さん。

DSCN0585

念願かなってBCデビューの◯永さん(それも立山で)。

DSCN0584

我らがリーダー、五十嵐さん。

DSCN0583

◯山さん、もういっちょ!!。

DSCN0600

DSCN0601

こちら◯登さん。

DSCN0599

◯長さん。

DSCN0598

奥が◯長さん、下が◯永さん。

DSCN0597

久◯田さん。

DSCN0595

やっぱり攻める?? ◯さん。

DSCN0593

皆のシュプールをバックに◯登さん。

DSCN4929

 これでもかっ!!、というくらい…、

 滑り倒します!!

DSCN4933

 皆で白いキャンバスへ描いた…、

DSCN4935

 シュプール…、

DSCN4936

 ええですねぇ!!

DSCN4940

DSCN4953

 

楽しかった滑走もあっという間で、宿泊先の山荘が見えてきます。

DSCN4946

最後まで怪我なく帰れるように、五十嵐さん的確にルートを指示。

DSCN4947

みなさん忠実に指示に従い山荘を目指します。

DSCN4948

各自景色を脳裏に焼き付けながら…、

DSCN4949

DSCN4951

DSCN4954

遠くに見えるのは昨日一緒だった関東のボードチームさん。

DSCN4955

DSCN4963

↓↓この斜面は昨日滑った急斜のオープンバーン。

DSCN4964

後ろ髪を引かれるような思いで…、

DSCN4970

皆さん無事に山荘へ到着、

 お疲れ様でした!!

DSCN4973

帰り支度を整え…、バス・ケーブルカーにて…、

DSCN4976

 雲の下の外界へ…、

DSCN4987

 無事に下山です!!

DSCN4996

 

ピステとしては初の試みだった『立山バックカントリーツアー』

おかげ様で皆さん怪我も無く無事に終えることができました。

これもご参加頂きました皆様のご協力あってのことです…、

 本当にありがとうございました!!

 

当初天候が心配されましたが、

奇跡的に回復し最高のシチュエーションを楽しむことが出来ました。

滑った本数・滑走距離だけで言えばゲレンデスキーにはかないませんが、

参加者の皆さん、壮大な自然の中で体験されたBCスキーに、

言葉では表現出来ない達成感・充実感を感じて頂けたことと思います。

(もちろん五十嵐さんのガイドがあってのことですが…)

また今回はBC初体験の方もいらっしゃったわけですが、

シールなどの装備品の準備・操作・ハイクアップ・トラバースも、

春のコンディションは初体験にはもってこいでした。

(現場で道具の使い方を覚えるのには最適な時期かもしれません)

 

まだ、BCスキーを体験されたことのない皆さん…、

 スキーをしていて本当に良かった!!

そんな体験を是非経験して頂ければと思います。

来シーズンも様々なツアーを企画していきますので、

 是非ご参加を!!…

お待ちしております。

==================================

ツアーに参加して頂いた◯長さんより、動画のプレゼントがありましたので、

皆さんにもおすそ分けです。写真では伝わらない魅力を動画でどうぞ!!。

◯長さん、動画の編集・ご提供ありがとうございました。

コメントをどうぞ!!

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>