BCスキーヤーへの道のりは厳しい??

Posted 7月 1st, 2018 by ken

こんにちは、山スキー担当の『石田』です。

お店では18/19シーズンの展示会もスタート!!。

ちょっと気が早いですが、ピステスタッフはシーズンイン??です。

ブーツやスキー、ウェアなど買い替えのタイミングのお客様は

お早めにベストマッチのアイテムをゲットして下さいね。

 

さて…、

 『バックカントリーツアー』

少しづづですが、ピステにおいても定番のイベントになってきました。

昨シーズン(’17/’18)開催したツアーは…、

1月:岐阜高鷲BC、2月:野沢温泉BC、3月:鳥取大山・烏ヶ山BC、5月:立山BC

(※地元瑞穂さんでの1dayツアーは、あいにくの天候で開催出来ませんでした)

 

1月:岐阜高鷲BCへご参加頂いた皆さん。

DSCN4441

IMG_3091

 

2月:野沢温泉BCへご参加頂いた皆さん。

DSCN4454

DSCN4455

 

3月:鳥取大山・烏ヶ山BCへご参加頂いた皆さん。

DSCN4419

DSCN4416

 

5月:立山BCへご参加頂いた皆さん。

DSCN4924

DSCN4996

 

男性・女性問わず、年齢も20代後半から70代まで…、

既にご自身で経験されていらっしゃる方からこれから始めたいという方、

スキーヤーのみらなず、テレマーカー、スノーボーダーの方まで、

多種多様な方にご参加して頂きました。

 

バックカントリースキー、そこにはゲレンデでは体験出来ない魅力が満載です!!

極上のパウダーを満喫したり…、

IMG_3387

 

皆で雪洞を掘ってランチを食べたり…、

DSCN4436

 

板を担いで山岳スキーヤー気分を味わってみたり…、

DSCN4408

 

見たこともないような絶景に癒やされたり…、ある意味、一番健康的なスキー??)

DSCN4899

 

ツアーを企画し、そして実際に皆さんとご一緒させて頂く中で、

一度でも体験して頂ければその魅力に必ず気づいて頂ける、

…ということを17/18シーズンも身を持って実感しました。

 

『バックカントリースキー』…、

安全管理がしっかりされたスキー場で楽しむレジャースキー、基礎スキー、

レース、フリースタイル等とは違い、手軽に経験することが出来ないのも事実。

当然危険も伴う訳で、道具の選び方から使い方、山の知識などが必要になってきます。

特にこれから経験してみたい方は、

 BCスキーヤーへの道のりは厳しい??

そう感じていらっしゃる方が多いかもしれません。

BCなんて右も左も分からない、

危ないんじゃないの??、

道具は何を選べば??、

ツアーに参加して見たいけど一人じゃ心細いし…、

一体全体どうすりゃええん??、

 

ピステとしては皆さんが思い描いているその厳しそうな壁を取り除いて、

気軽にそして安全に体験して頂けるようにしていければと考えています。

 

’18/’19シーズンへ向けてツアーのことや、道具のことに関して、

ブログを通じて情報を少しづつUPしていきたいと考えていきますが、

ご要望などありましたらおっしゃって頂ければと思います。

リフトを上手く使ったサイドカントリーを経験してみたいんだけど!!

シールのことが良くわからないんだけど??

Bindingは何がオススメ??

バックパックは何リットルを選べば良いの??…などなど。

気になることがあればピステスタッフにお伝えして下さいね。

 

また、とにかくツアーに参加してみたい方は遠慮なく…、

 『私を誘って!!』

とお伝え下さい。出来る範囲で『えこひいき??』しますから。

 

 スキーをやってて本当に良かった!!

そのように感じて頂けるお客様を増やしていきたいと考えております。

IMG_3242

 

=========================================

7月21日(土)・22日(日)

バックカントリースキー&テレマーク相談会開催を開催する予定です。

近日中にオフィシャルブログに詳細を UP 致します。 

 

コメントをどうぞ!!

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>