WHAT'S NEW

お盆明けから後半戦突入!! あと1ヶ月少々・・・

8/11~16の間、夏期休業をいただきます。

ご迷惑をおかけしますがご理解のほど、

宜しくお願い申し上げます。

 

そして、8/17(月)より通常営業を再開しますが、

2020-2021 New Model 早期予約会の後半戦

に突入です。

9/22(火・祝日)の期間終了まで1ヶ月少々・・・

年内で最も オ・ト・ク な、早期予約期間を有効に

ご活用下さいね。

8月前半は、コロナの拡大もありましたが、9月以降

少しずつは落ち着いてくるものと期待しております。

こんなこともあり得ると、今年は、ロングラン開催

で予約会を開催しております。ご遠方のお客様も

状況を見ながら、足を運んでいただけるのではないか

と思います。

皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

 

残暑が厳しい今日このごろです。

体調にはご注意頂き、有意義な休暇をお過ごし

くださいませ。

 

 

二刀流ビンディング❓

少し前から発売されてはいたんですが、

ここ最近、『このビンディング、取付けできますか❓』とのお持込でのご依頼はあったものの、

取付用治具がお店に無かった為、取付は、お断りしていました…

ですが、今季より二刀流?のビンディングがピステ初入荷なのでご紹介します❗

で、何が

『二刀流❓』

ってことですが、

主にバックカントリースキーヤーの方がご使用されるビンディングになるのですが、

テックビンディングの軽さを持ち合わせながら、

アルペンビンディングと同等のビンディング機能を実現する

ATOMIC SHIFT 』です❗

【スキーモード】↑

【ウォークモード】↑

です❗(パッと見、違いがよくわかりませんが…)

『それって、ツアービンディングと

 同じなんじゃない❓』

って話ですが、

確かに『滑り』を犠牲にしないツアービンディングもありますが、

ツアービンディングだと『軽さ』については少々犠牲になり、

『テックビンディング』と『滑り』の点では、トー、ヒール側の固定の面で少々ルーズになります…

 

しかし、『SHIFT』ビンディングは、

シールを使用してハイクアップする『ウォークモード』と、

滑るときは、普通のビンディングと同じ固定方法の『スキーモード』で、

『滑り』と『軽さ』の良さを併せ持つ、まさに

二刀流❗』

です。

ウォークモードとスキーモードの切り替えも

とても簡単👍です。

 

山に登る際、荷物になるものは軽くしたいし(特に板を担いでのハイクアップ時)

滑る楽しさも捨てたくない❗

と思われているバックカントリースキーヤーにピッタリです👍

このビンディング、スキーモードならアルペンブーツでも使用可能なのですが、

ウォークモードを活かすには、『テックビンディング対応ブーツ』が必要となります。

 

今はアルペンブーツだけど、行くゆくはツアーブーツでバックカントリースキーをしてみたい方も、

とりあえずスキーモードを活用しながらの使用もいいかもしれませんね。

ただ、ツアーブーツに変えるとなると、今履いておられるブーツサイズと変わったりするので、

その点は要注意です。

もしご興味があれば、まずはお声かけ下さいね❗

 

チューンナップマシンのメンテナンス終了!

コロナ、コロナ……でスキー・スノーボードのチューンナップになかなか持っていけてない方も

おられると思いますが、ピステチューンナップではオールシーズンいつだされても同じ価格と同じサービスで

受付けしております、冬がくるまでにお客様の都合のいい安全なタイミングで持ち込みくださいませ。

(宅配便等での発送も特に条件はありません、いつでもお送りいただいて大丈夫です!)

 

チューンナップ工房では、返却されたジュニアレンタルスキーのチューンナップを中心に春先から作業を

すすめておりましたが、チューンナップもほぼおわりまして順調にジュニアレンタル受付けがはじまりました。

ここから先は、お客様からお預かりしているスキー&スノーボードのチューンナップにとりかかるのですが、

繁忙期を前にチューンナップマシンのメンテナンスを毎年おこないます。

いつもは自分達でマシンを壊しそうになりながらやっているんですが、

今年はマシンメーカーから来てもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのも、エッジをセラミックのディスクで研磨するこちらのトリムマシン

(エッジの最終仕上げの作業に使用するマシンです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かれこれ13年?14年?目となりましたので、今回はベアリングやシリンダー等のパーツも

交換してのオーバーホールとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどの部品が外されて空っぽな状態になりました、

元にもどるのか、かなり不安になりましたが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカーさんがいるので心強いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きちんと元の状態にもどしていただき、ひと安心です。

新品のマシンはとても高価なので、あと10年くらいは現役でがんばってほしいのですが…

 

 

 

そしてメーカーさんよりエッジチューンナップの資料をいただきましたので、興味ある方は是非みてください。

ピステチューンナップでは、こちらの資料の【セラミックディスク】の研磨となります。

(今回、オーバーホールしたマシンでの仕上げです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカーからチューンナップ業者向けの資料なので、少しポイントが外れている部分もありますが、

エッジの削り方の違いです。

チューンナップ業者によって使っているマシンや削り方が違うので、仕上がりもそれぞれに違います。

エッジ仕上げ=操作性 となりますので、仕上げ方で操作性は全然かわってきます。

普段はあまり意識してエッジをみることはないと思いますが、

こちらの資料にあるような研磨の違いで、どのような特徴があるのかという事を知ったうえで

実際に滑ってみると、操作性への影響がよくわかるとおもいます。

時々、聞く話ですが…

試乗会へ参加して、フィーリングがよかったので購入したスキーをプレチューンして滑ってみると、

試乗会の時と違って『乗りにくかった…』という声をききます。

このケースでは、間違いなくチューンナップの削り方の違いによるフィーリングの違いですよね!

 

板のメーカーやモデルなどの好みは皆さんあるとおもいますが、好きなチューンナップの仕上げも

みつけてみてください。ますます滑るのが楽しくなるはずです!

 

 

ブーツチューン担当(白砂)不在日のご確認!!

早期予約会開催中ですが、ブーツチューンナップ担当スタッフ(白砂)の

インソール制作等の出張不在日がお盆明けまでは多くなっております。

お使いのブーツのお直しや、ご相談等でご来店いただく場合は、

ブーツチューンのスケジュールを参考にしていただけると幸いです。

(Piste ホームページのこのバナーをクリックしてご確認いただけます。)

 

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程宜しくお願いいたします。

 

現在ご使用中のブーツの再調整ご希望のお客様へ・・・

今年の早期予約会は超!!ロングラン開催です。

2020-2021 New Model 早期予約会がスタートしてから、

1ヶ月近く経過してきました。これまでにも、たくさんの

お客様にご来店いただきまして、感謝しております。

 

コロナの感染の拡大が始まっていることもあってか、

例年と比べるとご遠方のお客様のご来店が少し少ない

ように感じています。

不要不急の外出をなるべく控える傾向は、少なからず

あるのだろうと思います。

そんなことも予測しつつ、ご来店の「密」を避ける目的も

あってのPiste初の超ロングラン開催です。特にご遠方の

皆様は、状況をにらみつつご来店頂ければと思っております。

 

 

ご来店の際は、道中気をつけてお越しくださいませ。

 

 

バックカントリー系アイテムが、少しづつ…

なかなか梅雨が明けない今日この頃ですが、

バックカントリー系のアイテムも、少しですが揃い始めてきました。

ですが、展示中のものはメーカーサンプル品が多い為、じきに店頭からは無くなってしまいます…

ですので、実物を確認できなくなる前に、是非今時期に、気になるアイテムをチェック👆してみては?

現在店頭にあるBC系メーカーは、

G3、SCOTTDYNAFIT

などです。全てのアイテムの展示となりませんが、

特にブーツとか『ちょっと、履いてみたい‼』とか思われましたら、是非この機会に。

DYNAFITにつきましては、7月26日までと期間が短く、大変申し訳ありませんが、

ご都合よろしければ、お立寄り下さいませm(__)m

 

 

 

 

MENU