怪我の功名・・・・スキーの懐の広さを知る!!

スキーで先々シーズンに怪我をされたお客様が、先日ご来店されました。

「2シーズンぶりにスキーに復活したい!! やっぱりスキーがしたい!!」

と、まだ、ガチンコなブーツを履くと痛みの残る状況の中、とりあえずは快適に

滑れればいいという目的でブーツの相談に来ていただきました。

バリバリの基礎スキーヤーだった方ですが、同僚の薦めもあって、足に負担の少ない

パウダースキー&バックカントリースキーにも挑戦しよう!! と、お考えとのこと。

怪我の前の基礎スキーに没頭されていた頃には、かなりストイックにスキーに

取り組まれているイメージが強かったのですが、先日のご来店の時には何だか

雰囲気が、そしてオーラが違っていました。

スキーを楽しめるところまで復活してこられたことそのものが、喜びとして

にじみ出ているようにも感じられます。

スキー技術は卓越されたものをお持ちの方ですが、パウダーやバックカントリーは

ほとんどノウハウがないご様子でした。しかし、色々と道具についての話を進めて

いくうちに、今までの接客の中で、その方からは感じなかった、純粋なワクワク感が

伝わってきます。誰と競うわけでも誰に評価されるわけでもない、OFFピステの自然の

醍醐味と自然の楽しさを少しずつ具体的なイメージに変えながら、そのワクワク感が

高まっていかれるのが分かります。

僕個人もレース・基礎・オフピステ・コブ・テレマーク・ファミリー・温泉スキー

・リゾートスキーなどなど、スキー全般にオールラウンドに楽しみたい人間の一人です

(冬に時間が足りずに困っていますが・・・・) ので、

スキーにはもっと様々に楽しみ方がある!! ということに気づいていただける方が

増えるのが、とても嬉しいです。

一つのカテゴリーのスタイルに熱心に取り組みれることは、もちろん素晴らしいこと

ですが、何かしら壁に当たったり、限界を感じたりしたときには、スキーはスキーでも

違うカテゴリーやフィールドに目を向けてみられることをオススメします。

スキーは、本当に懐の広〜いスポーツです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)