瑞穂1day バックカントリーツアー

今シーズン、ピステとしては初の試みとなった地元でのBCツアー…、

★瑞穂1day バックカントリーツアー★

 

1月初旬から2月初旬にかけ5回程度、開催を予定はしていましたが、

なかなか降雪・天気にに恵まれず、中止…中止…となり、頭を悩ませていました。

そんななか、1月26日(木)…この日は絶好のコンディションの中で開催することができました。

DSCN2034

その時のツアーの模様をちょっとご紹介しておきます。

開催日が平日だったにもかかわらず、9名のお客様にご参加頂きました。

BC経験者の方から未経験の方、スキーヤー、テレマーカー、スノーボーダーと

そうそうたるメンバーが集結!!。

↓☆選ばれし精鋭部隊のみなさんです☆↓

DSCN2013

 

この日ご参加して頂いた皆さんは、バックカントリーに対する意識が非常に高く、

未経験の方もツアーBIND付ファットスキー・シールはご自身の道具で参加されていました。

↓上◯さんも慣れた手つきで!!。購入された道具が大活躍です↓

DSCN2044

天候も良かったので、道具を現場で使う練習にはうってつけの日でした。

↓◯◯田さんもばっちり!!。完璧BCの魅力にとりつかれましたね!!↓

DSCN2045

 

そして、ひとたび山に入るとそこには、

非現実の世界が・・・待ち受けていました!!

DSCN2058

皆さん口を揃えて、

『ここは本当に西日本??』

DSCN2060

みなさんシールを付けての登りも難なくこなしていかれます。

DSCN2052

普段の仕事のことはすっかり忘れ(もちろん参加スタッフ石田も)、ピクニック気分です!!

DSCN2062

登りの際にはBINDINGのクライミングサポートを活用するわけですが、

この時ピステのチームワークが発揮されました。

後ろをついてる方が、

『わしがやっちゃるよ!!』

参加者の方、ほぼ初対面の方達だった分けですが、さすがピステのお客様!!

DSCN2055

 

目的地につくとそこには絶景が・・・、皆さんで記念写真です!!。天気、やばいですね!!

DSCN2108

 

ここで一息ついて、雪崩のピットチェック講習、ビーコン講習も行いました。

講師はガイドの野口さん、皆さんにわかりやすいように丁寧に説明して頂きました。

今回は雪も安定しいて、滑走に問題はないとのことでした。

DSCN2086

 

ビーコン講習は、1つ埋めてそれを捜索です。正確な位置を特定出来るのには皆さんびっくりでした

DSCN2104

 

このあとお待ちかねの滑走タイムです。

『よし、皆さんの滑走写真をバッチリ撮らねば!!』

と、気合いを入れていましたが、

皆さん、思い思いに、縦横無尽に滑られ、良い写真が撮れませんでした(汗)

 

最初のポイントの滑走が終わると、軽く軽食タイムをとったわけですが

この時、経験者の◯山さんが本領発揮!!

DSCN2123

DSCN2125

みごとな雪のテーブルを作製して頂きました!!

DSCN2124

みなさん、もう大感激でした!!

DSCN2129

DSCN2130

 

そして、ガイドの野口さんがなにやら支度を始めます・・・。

なんと、皆さんの為に暖かいコーヒーを・・・。

DSCN2131

大自然の雪山の中で飲む暖かいコーヒーは最高でした。

DSCN2135

DSCN2137

 

この後、また違うポイントを目指して登り、

DSCN2141

DSCN2142

滑走をしたわけですが、最初のポイントより雪質も良かったために、

皆さんガイドの方を追って一目散に散っていかれました。

またもや撮影には失敗です(汗)。

お客様の中にプロのカメラマンの方、いらっしゃれば是非ご同行願います(笑)

 

 

地元では初の試みとなった、

★瑞穂1day バックカントリーツアー★

天気にも恵まれ最高のコンディションで行うことができました。

 

ご参加して頂いたお客様は、

バックカントリーの魅力!!

に取り付かれたように感じました。

興味があっても、なかなかチャンスが無かったみなさん、

是非ピステが企画するバックカントリーツアーへ参加してみてはいかがでしょうか?

2月下旬には高鷲へ、3月には野沢温泉へ遠征予定です。

 

今までに感じたことのない…、

充実感、達成感がそこにはありますよ!!

皆さんのご参加、心よりお待ちしております。

DSCN2138

========================================

今回ご協力頂きました、瑞穂スキー場様、高橋様

当日ガイドをして頂きました野口様、堀様、そしてパトロールの皆様、

大変ありがとうございました。

この場を借りて、御礼申し上げます。

スキープロショップ ピステ 石田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)