行ってきました!! 旭川ツアー!!

さて今年も恒例の北海道・旭川スキーツアーに行ってまいりました。

今回は、水曜日出発〜日曜日帰りの4泊5日コースと、木曜日出発〜日曜日帰りの

3泊4日コースの2本立てで開催しました。

前出は白砂が添乗、後発は角森が添乗しました。

羽田空港ハブ化の流れからか、直行便ではなく、羽田経由便で旭川空港に

向かうパターンで出発!! 羽田での乗り継ぎ待ちの間に、旬な東京スカイツリー

を眺望したり・・・ご参加の皆さんとこれから始まるスキー談義をしたりして、

暇つぶし。

無事に旭川空港に到着してからは、いつも通りに、5日間チャーターしている

バスに乗って、ホテルへ。なんと、運転手さんはピステのツアーでは、偶然にも

3回目の担当をして頂ける方でした。気心知れてありがたい!! って感じです。

車内では一人が、2人掛けシートを一つずつ使って快適な移動ができます。

そして何よりホテルの玄関から、毎日スキー場のすぐ脇に付けてもらえるので、

想像以上にらくらくで省エネ移動が可能です。

車窓から見える「北海道らしい」広大な土地を眺めつつ、

「今年も、ここに来れたなぁ・・・・」と、感謝・・・・。

ツアーご常連の皆様も、多かれ少なかれ似たようなモノ思いに更けつつ、バスに

揺られていらっしゃったのではないでしょうか????

1年間、元気で過ごせたからこそ、見れるこの景色!! ってな感じで・・・・

今回は、経由便で来たこともあって、初日の夕食までの時間にかなりの余裕が

ありましたので、「ナイターにでも行きますかぁ」の問いかけに、皆さん全員

「賛成」 という元気ぶり・・・。

旭川市内から15分のところにある、サンタプレゼントパークに出撃!!

決して大きなスキー場ではありませんが雪質も西日本よりは、かなりいい!!

足慣らしでもしときましょうか ??? と、リフトに乗って山頂へ。

広島近郊ではまず見られない、街に向かって滑り降りる感覚のロケーションに

皆さん驚き!!! 「これはこれで絶景じゃ〜」と、カメラを構えてらっしゃいました。

皆さん、足慣らしのナイター滑走をそこそこに楽しまれていましたが、

寒さに免疫ができていない我々は、みんながみんな、手の冷たさにやられました。

日が落ちてからのマイナスの気温の世界は、ほんと、骨身に凍みる〜・・・

という感じでした。久々に手が冷たいと感じたナイターでしたね。

4泊コースは今回12名でしたが、初参加の2名の方も含めて楽しくて美味しい

夕食を共にして、スキーをテーマとした仲間作りの始まり!! といった1日目でした。

ツアーの超ご常連のS川さんやM永さんが今回は不参加だったので、存在感や、

盛り上がりの雰囲気がなかったのは少々残念でしたが、M上兄貴の存在感が

ぐぐっとUPという予感がしました。

夕食食べて、ホテルに帰る途中にナイスな看板を発見しました。

ピステ旭川支店????????

他人とは思えず、ついつい入ってみたくなったのは、私だけだったでしょうかねぇ。

名刺でも置いて帰ろうかと・・・・きっと、スキーに感心のある人がやってる

店に違いない!! と思いつつも、まぁ、初日なので、体力温存主義で我慢!!


そして、2日目・・・・・・朝食とって、バスに乗り込んで、いざ ぴっぷへ!!

バスで約30分。窓から見えてきた、ぴっぷの全体像に心が躍ります。

何度も行ってはいますが、やはり、全長約2000mの中斜面一枚バーンの

カットビ系のワイドコースには、「爽快感」を容易に予感させ、相当に

テンションが上がります。皆さんの表情もググッと「期待感」や「挑戦心」

がみなぎっていらっしゃるのが伝わります。


準備して、山頂に上がったところで 1ショット !!

12名のはずが、テンション上がりまくりの河◯さんたちは、既にどこかに滑りに

行ってしまっていました。「わしゃぁ〜、何でも早いんじゃー」と、言い残して。

初参加のアルペンボーダー◯木さんも、ガンガンスキーヤーの皆さんに、負けじと

体力勝負で、楽しんでいらっしゃいました。上手いボーダーの方と滅多に一緒に

滑ることがないので、こっちが感心しまくりでしたょ〜。

初日ということもあってか、午前・午後ともに休憩を挟んで、無理なく

大人スキーのリズムに徹して、カービングランをみんなで楽しみました。が、

休憩から一番にゲレンデに飛び出されるのは、やっぱり河◯さん!!

「わしゃぁ〜、何でも早いんじゃー」と、言い残して。

がつがつやってないようでも、2000m近いゲレンデでの、高速滑走は、2日目から

足にきましたよ、やっぱり。

こういう時に、ツアー大ベテランの◯隅さんや、中◯師さんたちのように、

体力と上手に相談・付き合いながら、滑っていらっしゃるのを見ると、いくつになっても

無理をしなければ、スキーはできる!! と、実感します。


滑走終了後、ホテルに戻り、3泊コースの皆さんと合流!! 旭川ツアーの
定番!! 居酒屋

大舟さん で乾杯!!


3泊コースの皆さんは、全員初参加の皆さんでしたが、スキーがつなぐ縁はあっと

言う間に仲間になれる不思議な縁!! 和気あいあいと美味しく、楽しい食事タイムに

なったのです。

大舟名物の国士無双の入ったカメ酒・・・・いつもならこれをぐぐっと飲み干して

気を失って、担がれてホテルに戻る、野◯くんもどういうわけだか大人になって???

飲む真似だけで、飲まなかったはなぜ??? でしょうか??? 興味のある方はご本人まで。

さて、3日目の滑走は計画では

ほろたち・・・・です。が、パウダー狙いだったスキー場でしたが、思いのほか

朝のホテルの前の天気が・・・・

リフト1本、フラットバーン700mのスキー場・・・パウダーない日に行ったら

特に3泊コースの皆さんからは、半殺しの目に遭うかな???? と心配に。

朝食後、急いでほろたちに電話。「パウダーの状況はどうですか???」

「残念ながら、本日はフラットバーンを堪能されたほうが、いいと思いますが」

のご回答!!! これはマズい!!! 慌てて行き先変更!!!

3日目もぴっぷ へ

それでも、3泊コースの皆さんにとっては、初のぴっぷ上陸です。

すばらしい広大なカービングバーンに、納得!! のご様子。

(またまた、集合写真には河◯さんがいませんねぇ。)

天気もよく、毎日、夜中に5-10cm程度の軽い新雪が表面を覆い、最高のバーン

コンディションです。3泊コースで初参加のM田くんも、このポーズ!!

画像からも、雪質がヤバそうなのわかりますよねぇ。

同じく初参加の高◯さん、河◯さん、赤◯さんも、初日からかなりご機嫌な

ご様子でしたよ〜。

最終滑走日は、初心者から上級者、オフピステ好きのスキーヤーまで、みんなが

楽しめると思っている・・・・・

カムイスキーリンクス へ

山頂のゴンドラを降りると、ベースエリアとはひと味違う、本格的な冬らしい

光景が広がっています。予想以上に、真冬並みの新雪が期待できそうな雰囲気。

添乗している身分ながら、あちゃらのコースのツリーランエリアが気になって

仕方ありません。職権乱用で、「あちゃらのエリアから先に行きましょう!!」

と、無理矢理にみなさんを先導します。

毎日恒例の集合写真をとって

皆さんが、滑り降りたのを確認して、テストランという名目で・・・・

パウダーゾーンへ・・・40cm前後の超軽いパウダーがあるあるある!!!!

それから半日は、大半の皆さんが、

パウダーラン&ツリーラン

多少出遅れてしまって、先を越されたところもありましたが、ごちそうさま!!

でした。

午後は、カムイ名物のメイン斜面を中心に滑りましたねぇ。

これ30度オーバーの急斜面ですが、幅が100m近いところもあって、急だという

ことを忘れて暴走するという、メイン斜面です。とにかく広いです。

今回は過去最高の雪質と天候に恵まれてスキーが堪能できました。

楽しかったツアーも最後の晩餐・・・・またまた

大舟さんへ突撃!!

毛ガニやら、ジンギスカンやら、ホッケやら、ジャガバターやら・・・と、乾杯!!

毛ガニでご満悦の河◯さん・・・・

こうして、さらにスキー仲間との親交が深まり、楽しいツアーも終わりを

迎えていきます。「帰ったら現実が待っている〜」と、嘆くみなさんが多かった

ことを思うと、楽しいツアーになったのではないかと、ほっとしています。

空港に向かう帰りのバスから見える、カムイ・・・

山の左端のコース周辺でツリーランやパウダーを堪能したことを思い出しつつ、

右の広いバーンをかっ飛ばしたことも思い出しつつ・・・・また来年も・・・

と、寂しくもあり、楽しみでもある思いに更けながら・・・も、

皆さん、さすがに爆睡・・・広大な北の大地を横にして・・・爆睡

全員、怪我なく無事に広島に帰ってきました。これが何よりです。

ご参加いただいた皆様、お疲れさまでした。ありがとうございました。

特に、皆さんをリードして下さった、M上兄貴!! ご苦労様でした。

来年以降もしばらくは、旭川を拠点にしたツアーを予定しています。

シーズンの集大成的な目標として、来年も是非、元気にご参加下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)