申し訳ない気持ちで一杯ですが、こればっかりは・・・

久々に1時間の空き時間ができてスタッフ日記に登場の店長です。ご無沙汰気味でした。

 

この冬は、ラニーニャ現象の発生の確立が高いようで、特に西日本は雪には

恵まれそうな期待が高まってきております

DSCN2188

2シーズン泣かされた西日本ですから、何とか早い時期からの降雪に恵まれたい

ところですよね。こんな感じで・・・。

 

さて、Pisteブログでもご案内しておりますように、計算上、年内のブーツ

フィッティングが可能な足数はだいたい250足ですが、これまでにブーツを

ご予約(ご購入)いただいたお客様のブーツフィッティング作業を年内にすませる

ことを前提にした場合、すでに250足の作業枠が9月末日で満杯となってしまい

ました。

 

先週末にブーツを買いにご来店いただいた皆様には、お話の冒頭・・・・

「フィッティング作業をご希望の場合は、年明け1月以降の作業となりますが、

それでも宜しいでしょうか???」

と、先に確認してからのブーツ選びの流れになっております。

 

Pisteのブーツチューンは、痛いところだけ広げる・・・とかの、応急処置的な

ブーツチューンではないので、量をこなせる内容ではありませんから、いくら

「ブーツは買うから、年内に何とかして!!」

と、言っていただいたとしても、物理的にどうしようもないのが、現実。

申し訳ない気持ちで一杯ですが、こればっかりは・・・というのが実態です。

 

この2シーズンの降雪不足により、スキー用品の取り扱いをやめられる

ショップさんも増えてきているようで、今年は過去最速の9月末には年内の

フィッティング枠が満杯となった流れは、来年以降、更に早くなってくるかも

しれません。ブーツを買い替えのお客様は、早期受注会期間中のご予約が

確実かと思いますので、ちょっと、頭の隅にイメージしておいていただけると

良いと思います。

 

しかし、加工足数が増やせない  =  一定数以上は買ってもらえない・・・

そんな頭が痛い商売なのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です