CLIMBING SKINの保管について!!

長かった広島のスキーシーズンもあっという間に終了ですが、

バックカントリースキーを楽しまれた皆さん…

『CLIMBING SKIN』

保管はどのようにお考えでしょうか?

9f97aa25891774abc9259d61e3c0cf5e

『メッシュのシートに貼り、

  そのまま押入などに入れで保管…』

DSCN2474

という方も多いもしれませんが、

近年夏の暑さは半端ないですよね!!

シールの弱点は…

暑さに弱い!!

暑さでグルー(糊)の分子が離れるとネバネバになってきます…、

板から剥がす際にグルー(糊)が滑走面に残り、いざ滑る時に困ってしまったり…。

※グルー(糊)の張替えもできますが¥8,000〜¥10,000ほど工賃もかかります。

 

シーズンOFFの保管の際は、

可能な限り購入時シールに付いていた透明のフィルムを

グルー(糊面)に張り付けて(↓写真はG3↓)

DSCN4493

(↓こちらはPOMOCA↓)

DSCN4492

 

冷蔵庫で保管されることをオススメします!!

 

(※購入時シールに付いていた透明のフィルムを紛失された方は、

 メッシュのシートに貼り冷凍庫へ…もOKです。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)