いやぁ~、これは画期的 & 便利 & 楽ち~ん!!

直接お客様皆様には関係ないかもしれませんが・・・・

少し、スキーの話題が少なくなりつつあるこの時期の小話的な話題として・・・

 

我々小売店には画期的なツールが、約1ヶ月ほど前に某スキーメーカーさんから

2台ほど入荷してきました。

入荷してきたというよりも、「使って気に入ったら買って下さい!!」と、半強制的に

置いて帰られた!!・・・というのが正解ですが・・・そして、罠にハマる!!

決して安いツールではなかったのですが、人間、一度楽を覚えるとアウト!!

もう元には戻れません!! 意を決して・・・採用決定!!

 

全体600

で、これ、何だか分かりますかぁ???

「QUICK FIT’S」と命名されているこのツール。

 

これさえあれば・・・お客様のブーツを預からなくても、ソール長が分かれば、

ビンディングの取付や調整ができてしまう画期的なツールなんです。

よく見ると、底面や先端・後端がスキーブーツの形 (規格) になっているでしょ~。

 

最小最大

調整ネジを回したら、最小時260mmと最大時350mmの範囲で、1mm単位で

ブーツソールサイズを正確に再現できるスグレモノ!!

 

調整2

 

今までは、お客様にブーツソール長を聞いていたものを、取付スタッフが店頭や

取付用のストックブーツの中から探して探して行ったり来たり・・・しておりました。

下手をすると、取付時間よりもブーツを探し回る時間のほうがかかってしまう

ことだってありましたから・・・繁忙期のこのロスは、結構なムダ!! & 悩みでした。

 

が、実際にこの1ヶ月、使ってみると・・・

超多忙な時期のブーツを探して徘徊する時間のロスや、移動の労力など一気に改善

できることに気付きました。

一日の取付作業が20-30%効率UPになりそうです。

取付スタッフも、「もう、これがないと無理!!」だそうです。

 

お客様にも、スキーお買上げの際に、ソール長さえご指示いただければ、ブーツを

ご持参いただく必要もなくなりますので、煩わしさが改善されるのではないかと

実感しています。

 

雪上にも持っていけるので、サービスマン活動にも便利に使えそうですし。

 

ビンディング取付作業が速くて楽になる = たくさんスキーを買ってもらえる!!

という方程式が成立すると有り難い・・・と願う今日このごろです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

次の記事

立山BC…、イメトレ???