西日本豪雨災害でスキー道具が被災されたお客様へ・・・

先日は、臨時休業をいただいたりして、スタッフ全員で小屋浦地区の災害復旧

ボランティアに参加させてもらいました。4年前の八木地区の時もそうでしたが、

自分で直接目にする光景は、想像をはるかに超えるもので愕然としました。

災害復旧も長丁場になりそうな気もしますが、自分たちなりにできることをして、

協力させてもらえたらと思っています。

 

さて、お盆明け8月25日、2名のお客様がスキーブーツを持ってご来店されました。

お二方ともに、

「水害で、ブーツが泥水に浸かってしまって・・・」というお話でした。

 

もしかすると、他にもこのお二人のような方がいらっしゃるのか????

 

スキー板やスキーブーツなどが泥水などに浸かってしまい、今後も使えるのか

不安だとか、気になることがございましたら、ご遠慮なくご相談下さいませ。

その際には、実際に被災された現物をご持参の上、ご来店下さい。

現物を確認しないと、正しい判断ができませんので・・・。

 

スキー板の方は、チューンナップさえすれば、再使用も可能なケースも多いと

思います。が、泥水がビンディングの隙間に入り込んでいると、セイフティ

性能に大きく影響が出る場合がありますので、要注意です。ビンディングだけは、

交換して滑走された方が安心かもしれません。

 

ブーツは、外側のシェルはプラスチック製なので、水洗いできれいにできると思い

ますが、インナーブーツが泥水に浸かってしまうと、臭いの面や縮みなどの問題も

発生しやすくなっていると想像します。

代替えのインナーなどが入手できないかなど、継続使用の可能性の追求には、

協力させていただこうと思います。

 

有料・無料はさて置き、まずはお気軽にご相談下さいませ。

有料の場合でも、価格面では状況を考えて配慮したいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)