2019 北海道 旭川ツアー 第一弾(3/6~10) 終了レポート(更新)

4/4 ご参加の岩○様他より、画像提供いただいたものを加えて更新いたしました。

=========================================================

 

3月6日~10日の4泊5日の日程で、毎年恒例!! 大好評?? の北海道旭川スキーツアーに

行ってきました。今回も過去最高を更新する勢いでのご参加となり、お客様48名、

Pisteスタッフ5名、添乗員1名の合計54名の旅となりました。

 

多分、まちがいなく!!

日本一のスキーツアー・・・

だと思います。

 

年齢構成はというと、これまた「毎年高齢!!」

70歳台・・・・13名

60歳台・・・・23名

50歳台・・・・8名

40歳台・・・・7名

30歳台・・・・1名

20歳台・・・・1名

10歳台・・・・1名 となりました。

ご参加の約7割が60歳以上でパワー溢れる元気な皆様です。定年になって時間ができたら

参加するぞ!! という流れが多くなっているように思います。

ご参加は、広島を中心に山口・島根・岡山、そして佐賀からもわざわざ・・・。

 

 

広島空港に集合して、空路北海道へ。千歳着後は、各々お好きな昼食をとってもらって

バス3台に分乗。初日とあって初参加の方は、バスの中ではまだいささか硬い表情????

バス車内千歳

 

高速道路を経由して旭川に向かいます。しかし、今年の北海道は何か景色が違います。

札幌あたりの高速道路周辺には、ほとんど雪がない!!??

札幌周辺

千歳周辺

バスの運転手さんに聞いても、2月中旬以降、まとまった雪がほとんど降っていないとのこと。

この時期、北海道ツアーには30年近く来ていますが、こんなに雪が少ない年は初めての

ように思います。旭川周辺のスキー場は大丈夫かいな??? 少し心配になりましたよね。

 

 

トイレ休憩で立ち寄ったPAに並ぶ3台のチャーターバス。数年前までは1台で充分だったのに、

今や3台ですからねぇ。迫力ありますよね。

バス3台

(バスは北都交通さん、運転手の方も毎回同じ方が入って下さるので、勝手を知ってもらっていて安心)

 

旭川が近づいてくると、バスの車窓からはカムイが見えてきます。

「明日はあそこのスキー場で滑りますよぉ~!!」と、アナウンスすると、初参加の皆さんは特に

カムイの景色に釘づけ!!??

カムイ車窓

 

旭川がもうすぐ!! くらいまで来ると、ようやく北海道らしい高速道路の景色に変わって

きました。ほっと、胸をなで下ろす・・・そんな気分になれました。

 

旭川近く

 

 

無事にホテル着!! 皆さんお部屋にチェックイン、荷さばきの後、地下のスパやら部屋で

一杯やらで癒やされたことでしょう。

 

初日の旭川グルメは、ほぼ全員参加で「居酒屋 天金」さん。

50名を超える宴会は、受け入れて下さるお店も限られてしまいますが、ここ「居酒屋 天金」

さんは、地元の方に聞いても居酒屋としては歴史もあって、大人気店とのこと。

190306184958 天金乾杯01

ツアーを企画・運営していただいた、たびーと堀田さんに音頭をとっていただいて乾ぱ~い!!

初日の宴会スタートです。

 

天金さんのお料理はというと・・・・

190306190824 天金食事201

190306192554 天金食事203

190306193918 天金食事204

190306194242 天金食事205

190306195433 天金食事206

190306195440 天金食事207

こんな感じですが、まだまだ全部は載せていませんから、その美味しそうさ加減は

充分伝わりますよね。

 

天金1

天金2

天金3-1

天金4-1

お酒が入ると、初参加の皆さんももう大丈夫。ツアーご常連の皆さんのリードもあって

初参加の緊張感もどこへやら・・・です。

 

夕食・・・だけで終わらないのが旭川ナイト???

スタッフチームは、PISTE の旭川本店??? 「PUB PISTE」にお邪魔しました。

Piste

190309214443 pisteマスター01

190309215621 pisteカラオケ03

1年ぶりの訪問に、Pub Pisteの店長も気さくに迎えて下さって・・・早速、本日2回目の乾杯!!

 

 

190309222445 pisteカラオケ04

190309231740 pisteカラオケ06

カラオケあり、スキー談義あり・・・・そして、飲み過ぎからの二日酔い!! あり??

 

この勢いで4泊・・・かと思うと、初日からゾッとするのはスタッフだけみたい!!!

日付が変わるまで、飲んでいらっしゃったお客様チームもあったとか・・・・

 

 

滑走1日目(3月7日)

 

アートホテル

(今回も定宿のアートホテル旭川)

 

ホテルを8時20分出発予定でバスに集合!!

なんですが、ツアーご常連の皆さんは、8時くらいにはほとんど乗車完了!!

ツアー初参加の皆さんは、5分前にはちゃんと乗ってもらっているのに・・・

「えっ!! 僕が最後??」って感じで驚いていらっしゃいましたが、本来なら全く問題なし。

皆さんが、超、集合が早いだけですから。

 

バスお迎え

こうして毎朝、ホテル横に3台のバスが横付けしてくれますから、ラクラク移動が

できちゃうわけです。このへんも、ツアーに参加された皆さんには好評の一因なんだろう

と思います。

 

 

滑走一日目は、超快晴!!

初日快晴

 

カムイスキーリンクスに向かう途中、サンタプレゼントパークにご挨拶。数年前までは

ここにナイターに来ていた時期もありましたが、日が暮れた旭川の夜は、手足がしばれすぎて

2~3年でナイターはギブアップとなってしまいましたが・・・・

初日サンタ

 

 

ホテルから30分・・・カムイスキーリンクス到着!!

コース全面にしっかりと雪がある!! 当たり前と言えば当たり前のことですが、今シーズンは

このシーンをどれだけ待ち望んだことか!!

「わぁ~、ちゃんと雪があるっていいねぇ!! 最高!!」という声が聞こえてきてましたね。

カムイ快晴

 

快晴のカムイで集合写真!!

カムイ集合

 

超ピーカンで、山頂からの景色も最高!!

山頂絶景

 

カムイではここ数年好評になっている、PeakPerformance ライダーで、プロスキーヤーの

山木匡浩さんをガイドに招いての、カムイの裏斜面を滑る1day バックカントリーを開催!!

BC集合

 

山頂での準備運動からの~

BC準備

 

裏カムイへ出発~

BC出発

 

最近はあまりまとまった雪が降っていなかったこともあって、オーバーヘッド級!! の

パウダーラン・・・とまではいきませんでしたが、そこは山木さん!!

 

BCエリア

 

遊べるところを開拓&案内して下さって、皆さん、楽しんでいただけたようです。

BCエンジョイ

 

バックカントリー堪能チームでパチリ!!

BC集合山頂

 

 

一方、ゲレンデチームはというと・・・広島の雪不足のストレス解消??? あまりにも恵まれた

滑走環境の中、テンションが上っていらっしゃったのでしょう!! 誰がどこにいらっしゃるやら

皆さん、思い思いにカムイの懐の広いゲレンデを堪能されていたご様子で、写真を撮れる機会が

なかなかなかったなぁ。

(という、Piste スタッフ達も、滑れる環境が嬉しすぎて、夢中になっていたことは反省してます。)

 

途中、遭遇した○代さんご夫婦。お二人のペースで広い広いカムイのゲレンデを楽しんで

いらっしゃいましたね。

2ショット

 

カムイスキーリンクスでの滑走を終了。午後4時にバスに乗り込んでホテルに帰りました。

初参加・初カムイだった皆様も、相当にスキー場がお気に入りになられたご様子でした。

 

2日目の旭川ナイトは、自由食。

190306204850 天金米田01

190307203949 髭集合01

寒曳シニアスキークラブの皆さんを中心としたメンバーさんは、海鮮焼きのお店「髭」へ。

190307182941 髭食事01

190307182946 髭食事02

190307182950 髭食事03

 

 

お一人で狙いを定めて食べに行かれる方、ジンギスカンに行かれたチームも・・・

2次会を経て午前様ももちろんいらっしゃったようで・・・

またまた、旭川ナイトをご堪能いただきました。

 

滑走2日目(3月8日)

この日は、放射冷却もあって、ホテル前の温度計はこれ。

 

 

放射冷却

 

天気は快晴!! 昨年は、大雨に泣かされた名寄ピヤシリスキー場へ行きます。

名寄出発1

 

どこまでも真っすぐ!! な、北海道の道を走り・・・

名寄出発2

 

ピップを横目に眺め・・・

名寄出発4

 

雄大な景色に癒やされながら・・・

名寄出発5

 

日本最北のICを経て・・・

名寄出発6

 

下道をさらに北上・・・

名寄出発7

 

1時間30分の道のりの先に見えてくるのが「名寄ピヤシリスキー場」

名寄出発8

名寄出発9

名寄出発10

 

スキー場に到着!! 昨年の大雨のイメージから思うと「最高!!」です。

ゲレンデの人の大きさからして、コースがどれだけ幅広なのかが分かると思います。

ピヤシリコース

ピヤシリコース2

 

リフトを3本乗り継いで、山頂到着!! しかし、良い天気です。

ピヤシリ快晴朝

 

山頂に集っていたメンバーさんでパチリ!!

ピヤシリ山頂

「さぁて、どっちのコースから滑るかの・・・」なんていう会話をしながら、皆さん思い思いに

滑走スタート!!

 

 

午後からは、小雪も降ったり、曇ったり・・・一日の中で雨以外の天気を全て体験した

ように思います。まぁ、雨は、去年当たりましたから、もういいでしょう!! って感じですね。

ピヤシリ雪

 

無事に滑走終了!! 旭川まで1時間半かかりますから、今日の上がりは午後3時半。

ピヤシリ終了

帰りの1時間半は遠いといえば遠いのですが、窓から見える景色に癒やされつつ、

滑り終えた適度な疲労感と車に揺すられる心地よく眠りに導かれる感じが、またいいんです。

 

 

 

3日目の旭川ナイトは、完全自由食。

皆さんは、どちらで楽しまれたのでしょう?????

190308180646 馬場ホルモン02

塩ホルモン焼きチームの皆さん。初参加の○さんも、すっかりツアーに馴染んでます。

 

スタッフ + 数名のお客様で、旭川ツアーの定番だった居酒屋「大舟 本店」へ。

バス1台で来ていたころには、当たり前にここにお邪魔していましたが、20名を

超えたくらいからは、スペースの問題で全員では行けなくなったのが残念・・・

なので、ご主人に忘れられないように、行ける人数の時には行く!! のです。

やっぱり、旨い!!

大船本店

 

お腹いっぱい食べていても、別腹に吸い込まれる旨さ!! 食べ過ぎとは思いつつ・・・

旭川ラーメンの定番店「すがわら」さんで、シメ。

すがわら

 

3日目も午前様・・・数名。皆さん、元気ですよねぇ。

 

 

滑走3日目(3月9日)

ホテル15階の朝食会場での朝食中は、旭川市内は結構な雪が降っていました。

「今日は一日雪が降るじゃろうねぇ・・・」と、皆さんと朝食時に会話。

 

8時20分にバスは出発!!

ピップに近づくにつれて、雪は止み・・・曇り。滑るにはこのほうが有り難い。

 

ピップの全景が見えるくらいまで来ると、ご常連のピップファンの皆さんの顔色が

良くなります。

カービングターンや、クルージングスキーにはたまらない、中斜面の超ワイドなゲレンデ

を知っていらっしゃるからです。そして、人も気にせずに「かっ飛ばせる」心地よさ。

ピップ

 

リフト券買ったら皆んなで・・・集合写真

ピップ集合

 

だんだんと曇り空も明るくなってきましたよ~。○中さんの視線の先には・・・・

バーンテンション

 

幅広で、人がいなくて、バッチリ整備してある急斜面。エキスパートスキーヤーの心をくすぐる

テンションの上がる一枚バーンです。初めてピップに来た時のワクワク感を、今年も思い出します。

ピップバーン

 

 

天気も回復してきたところで、山頂に集まっていた皆さんと「イェ~イ!!」

ピップ山頂

ピップ山頂2

 

カムイ同様に北海道らしいロケーションに感動です。

ピップ眺め

 

午後は、一気に気温が上がり、少しブレーキングがかかる雪に変化しましたので、

ブーイングがあるかな??? と、思っていましたが、皆さん口をそろえて

「今年の広島の状況を思うたら、全然OKよ・・・」とのこと。大人です。

 

 

最後の旭川グルメは、初日同様に「居酒屋 天金」さん。初日とはメニューを変えて

もらって宴会スタート。

190309191534 食事天金201

190309191702 食事天金202

190309191744 食事天金203

190309194302 食事天金204

190309202042 食事天金205

190309211739 食事天金206

190309211805 食事天金207

今日の料理もまたまた大満足!!

 

さすがに、4日目ともなると、皆さんガッチリ、ツアー仲間 & スキー仲間。

表情も皆さん、硬さはなくなり、声も大きく出てらっしゃいましたね。

会話が弾んで、笑い声も大きくなって・・・・

天金最終1

天金最終2

天金最終4

天金最終3

 

宴の最後は、集合写真!! 最終日ともなると、完全にスキー仲間ですね。

190309213146 天金集合02

 

この後は、またまた午前様・・・・・な、人たち多数!!!

旭川は、食べてよし!! 飲んでよし!! それでいてリーズナブル!! な街。最高の旭川ナイトです。

 

 

最終日・・・今日はバスで千歳まで、千歳で昼食・買い物を経て、飛行機で広島へ・・・

という移動のみ。

4日前よりも更に札幌の融雪は進んでいましたね。北海道も春が早そうです。

帰り快晴

 

 

飛行機から唯一見えた名峰は、青森の岩木山のみ。(裾野には鰺ヶ沢スキー場)

それ以降は、雲の上でロケーションなし!!

岩木山

 

広島へのフライトには、条件付きのアナウンスもありましたが、無事に到着できました。

 

 

今回は、少し怪我をされた方や、体調不良で緊急一日入院された方などもありましたが、

大事には至らず、ホッとしております。

 

ツアーご参加の最高齢の方は、80歳を迎えられました。その他にも70歳台の方がたくさん

いらっしゃいますが、お昼に1時間程度休まれる以外は、ほぼ、滑走されています。

そして、夜は夜で旭川ナイトをご堪能されています。このツアーにご参加いただく先輩方の

パワーと体力そして、心から楽しまれているオーラを今年の旭川ツアーでも見せてもらい

ました。

ピステスタッフたちは、80歳まで滑ろうと思うと、まだ30年以上かかりますが、先輩方の

「楽しみっぷり」を参考に、そして目標に!! スキーを続けていきたいと思います。

 

今回もたくさんのお客様皆様にご参加いただきましたことに、感謝いたします。

また一年間、元気にお過ごしいただいて、来年の旭川でご一緒させて下さい。

「生きとっちゃったら、来てくださいね。」

 

最後に、ツアーを企画いただいた「たびーと」様、スキー場・バス・宿泊・食事等で

お世話になった皆様、ありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です