2019 北海道 旭川ツアー 第二弾 (3/14~17) 終了レポート(更新)

4/4 ご参加の岩○様他より、画像提供いただいたものを加えて更新いたしました。

=========================================================

 

 

3月14日~17日の3泊4日の日程で、北海道旭川スキーツアー第2弾に行ってきました。

 

シーズン2回目の旭川ツアーは初の試み!!

 

通常の4泊5日の旭川ツアー (3/6~10)が、募集開始から早々にキャンセル待ちが出る

ほどの申込みをいただき、当初は予定していなかった、3泊4日での第2弾を開催

することになったというわけです。目標はバスきっちり1台分に収まる20名の募集

だったのですが、最終的にはスタッフ含め15名。

 

決行するか、やめておくか・・・悩んだあげく、第2弾に申し込みいただいていた

皆様の顔ぶれを見ていたら、こりゃあ、やらないわけにはいかんじゃろ!!

ということになりまして・・・決行!! と相成りました。

2週連続参加の方も、2名いらっしゃいましたよ。そのくらい、旭川界隈のスキー場と

旭川の街の魅力、ツアー参加を通じた仲間意識があるということですよね。

 

 

出発2

いつものJAL便で空路北海道へ。

 

 

札幌1

先週よりも札幌周辺は更にさらに、融雪が進んでいました。

 

旭川

ですが、そこは道北・旭川。

景色が違います。

まあ、先週来ていたので札幌の状況を見ても不安なし!!

旭川まで行けば大丈夫!!

 

 

めいじや

初日の全員での食事は、バス2台までの人数なら入れていた「大舟 めいじ屋」さん。

40名以下のツアーならば、必ず来ているはずのここ「大舟 めいじ屋」さん。

2年ぶりに大将にご挨拶しましたが、「大舟 本店」時代から10年以上のお付き合い

なので、快くお迎えいただいて、嬉しかったです。

 

飲み放題がついて、¥5,000-でこのクォリティは、安すぎます!! 美味しすぎます!!

190314190145 食事大舟01

190314190740 食事02

190314191120 食事03

190314193259 食事04

190314195035 食事05

190314201616 食事09

190314201621 食事10

ざっと、こんな感じです。どれもこれも、みんな美味しい!!

 

めいじや2

ここのところの大所帯での旭川ツアーとは趣が異なり、コンパクトな人数。

所帯が小さいぶん、お一人お一人との距離感は近く感じますね。

ほんの5~6年前くらいまでは、こんな感じの小人数のツアーだったことを改めて

思い出しました。

(2週連続参加は誰でしょう????)

 

小人数ということで、自己紹介も始まったりしてます。

めいじや5

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

言い出しっぺはコチラの方だったかな????

めいじや4

190314201001 食事07

190314201147 食事08

 

青森から、現地集合で合流してくださった方も・・・・・・

 

 

食後にお店の前でパチリ!!!    大満足の食事&お酒でございました。

190314204657 集合写真01

 

からの~~

piste1

またまたやってまいりました。Piste の旭川店???

優しくて雰囲気の良いマスターの人柄に引き寄せられて、

190316215717 pisteマスター02

先週の第1弾では4泊中3回も行かれた方もいらっしゃいましたが、

今回も3泊中2回も行っちゃいましたよ。

 

piste2

 

 

piste3

懐かしいレコード達がたくさんたくさん並んでいる店内。

ビートルズ・・・なんかをリクエストしてかけてもらって・・・

懐かしく聞き入っている・・・・にもかかわらず・・・・

 

piste4

スキを突いてこの人 ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 自分のカラオケリクエスト!!

以降は、カラオケメインの2次会に変わっていきましたねぇ・・・・・・

 

今日も午前様ナイトでした。

 

 

 

滑走初日はボチボチの天気、気温もまずまず。

カムイ1

 

ちゃんとバスもお迎えに来てくれてます。

バス

1台だけだと、なんか寂しい感じもしてしまいますが・・・。

 

カムイ2

集合写真もこのくらいの人数だと、誰が誰かがよく分かって良いですね。

 

カムイ3

滑り出しは雪・・・

 

カムイ4

その分、雪質はハイシーズン並み・・・

 

カムイ5

「ええ雪じゃのぅ・・・」と、皆さんテンション上がってますねぇ。

 

カムイ6

ゲレンデはほぼ貸し切り状態で、雪質も最高!!

滑れば滑るほど、満足度が上がってくシュチエーションでしたよ。

 

カムイ7

滑り出しから1時間も経つと、天気も最高!! な条件に変化!!

さらにさらにテンションも上がっていきました。

コンパクトな人数でのツアーだったので、皆んなのまとまりが良く、チームで滑る

感じで進んでいきました。昔はこんな感じだったなぁ~

 

カムイ8

カムイの一番奥のコース。手前からストンと落ちてただっ広い急斜面バーンが

高速カービングターンを楽しませてくれます。この時期は、このコースが北寄りで

雪の緩みもなく最高でした。

前年は、3月以降、このコースが閉鎖になっていてショックもありましたが、今年は

営業してもらっていて、存分に楽しませてもらいました。

 

カムイ9

カムイゴンドラからの眺め

カムイ10

800m弱の山頂駅

 

雪質も最高だったカムイを堪能して、初日の滑走終了!!

先週の条件よりも更に更に良かったので、第一弾の皆さんには申し訳ないくらいでした。

カムイスキーリンクスさんに感謝です。

 

 

2日目の夜は自由食。でしたが、9名参加で久々の「祐一郎商店」さんへ。

祐一郎

飲み放題・食べ放題で¥4,000-で、海鮮浜焼きコース

「まだ出るんか???」という皆さん共通のお声とともに、新鮮でボリューム満点な

海鮮浜焼き料理や、北海道の特産料理など「もう腹に入らん!!」というくらい、

ごちそうになりました。

「祐一郎商店」さんもまた、内容とボリュームでコストパフォーマンスが高いお店で、

これまた、最高でしたよ。

 

 

ピップ1

滑走2日目の朝は、道路が真っ白になるくらいの降雪があった旭川市内。

寒い一日を覚悟!! しつつ、ピップへ向かいます。

 

ピップ2

市内を外れて北上していくと、ラッキーなことに雪が止んできましたよ。

 

ピップ4

初ピップでゲレンデを眺めて黄昏る??? ○山さん・・・

やばいフラットバーンでしょっ!!!

 

ピップ5

皆さん、リフト券買ったら集合写真!! 天気も良くなって、またまたテンションUP!!

 

ピップ6

ピップ7

訪ねる度に、雄大な景色が迎えてくれて、ほんと、癒やされますよね。

 

ピップ9

ピップ名物、中斜面スーパーフラットバーン・・・ほぼ貸切ですよ~。

贅沢なんてもんじゃない!!

コース幅は70mくらいはあると思います。距離にして1.5kmくらいかな???

 

ピップ10

地元のレーサーが1000m以上の 35槍旗をゆうゆう超えるセットで練習していましたが、

上手くならないわけがない!! と、羨ましくなりますよね。

ポールがセットしてあっても、その隣には40mくらいのカービングバーンは確保できる

ほどのコース幅は、感動ものです。

 

午後は少しストップ雪に変わりましたが、それでも、天然雪での滑走には大満足!!

良いシーズンの締めくくりができたのではないでしょうか。

 

 

ピップ11

全景が見えそうで、見えなかった大雪山。その雄大さにも感動があります。

 

 

第2弾の旭川ラストナイトも、初日同様に「大舟 めいじ家」さん。

めいじや16

ツアー中2度目の訪問ですが、メニューを変えてもらって、またまた大満足!!

190316190056 食事大舟201

190316190141 食事大舟202

190316190201 食事大舟203

190316192532 食事大舟204

190316193309 食事大舟206

190316203706 食事大舟207

 

ご参加の皆さんも「やっぱり、ここのお店は最高じゃ!!」の声が飛んでました。

「大舟 めいじ家」さん、いつもありがとうございます。ごちそうさまでした。

 

2次会は、またまた PUB PISTE で・・・午前様。2週続けて騒がせてしまいましたが、

快く迎えてくれたマスター、ありがとうございました。

 

 

シーズン2回目の旭川ツアーは、とてもコンパクトな規模・人数での開催となりましたが、

旭川に来はじめた当時を思い出せるような、まとまりの良い、ツアーだったように

思います。

大所帯のツアーの良さももちろんありますが、コンパクトなツアーの良さもまたある。

 

ご参加いただきました皆様、来シーズン、第2弾があるかどうかは未定ですが、

ご参加ありがとうございました。

 

旭川の魅力に感謝です。

旭川未体験の皆さんも、一度行くと、取り憑かれるのでは????

 

来シーズンのツアーも宜しくお願いします。

 

 

(毎年毎年、写真撮影と画像提供にご協力いただいております、
岩○さま・・・この場をお借りして、お礼申し上げます。)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です