北海道 旭川ツアー お疲れさまでした。

3月7日〜11日の4泊5日で、北海道旭川ステイのツアーに行ってきました。

今回は私を含めて14名の皆さんと一緒に旭川に行きましたが、世の中の情勢を反映

してか・・・現役社会人世代の皆さんは、まとまった休みがとりづらいのが現実の

ようで、ツアー常連の大ベテランの皆さんと、初参加の4名を交えて行って参りました。

40代は私1人、50代は4名、60代が7名、70代が2名というメンバー構成です。

年に一度・・・このツアーでしか会わないメンバーさん同士も多いのですが、ツアーを

通じて感じられる仲間意識は年々濃くなり、年に一度のスキー同窓会的な雰囲気も漂って

きているように思います。

そこに初参加の皆さんも、程よい感じで個性を加えて、また仲間が増える・・・

そんな雰囲気の定番ツアーとなっています。

 

初日は、広島→羽田→旭川の飛行機乗り継ぎで旭川入り。

初日のナイター〜4日目までの滞在中は貸し切りバスで移動して、日替わりでスキー場

に出かける日々を過ごし、最終日は千歳→広島直行で帰ってくるという大まかな行程の

ツアーです。

 

旭川空港天候不良の場合は、千歳に・・・と、おどされながらも無事着陸。

早速バスでホテルに向かいます。

(5日間、お世話になった旭川電気軌道バスと運転手の星さん・・・皆さんのわがままを

ほとんど受け入れてご協力頂いたのですが、この場をお借りして感謝!! 申し上げます。)

バスで向かう道中、例年よりも明らかに積雪が多い事に気づきます。何でも13年ぶりの

積雪量だとか・・・・特別多く降ったわけではないらしいのですが、今年の1-2月は

すごく低温で雪が溶けずに、降った雪がずっと貯まっていくことで、今回の積雪量に

なったとか・・・・

ホテルには、1時半くらいには到着しますので、ナイターをしようと思えば、充分可能!!

ですが、昨年は異常なナイターの寒さを経験したし、雪も降っている・・・ご参加の

皆さんはベテラン揃い・・・たぶん、行きたいという人はいないだろう・・・・

今年の初日は夕食までゆっくりできるだろう・・・と想像しながらも、

「ナイター行きたい人いますかぁ????」と、私・・・

「はぁ〜い!!!」お・お・おっちゃった!! しかも半数!!

「付き合いますよ〜!!!」ということで、ベテランなのに想像以上に元気でパワーのある

皆さんと、郊外のサンタプレゼントパークでナイター。水曜日メンズデイでナイター券

半額の750円なり。

ずっと雪が降っていたので、30センチ程度のパウダー状態でした。なかなか楽しめました。

去年ほど寒くもなく、みんなでパウダーランをエンジョイ!!できました。

ホテルでさぼらずに、行ってよかった・・・

(雪が降ってたので、画像ありませんが・・・)

 

さてさて、旭川の楽しみの一つは何と言っても、北海道の味を堪能すること!!

初日は全員参加で定番となっいる大舟さんへ。北海道を感じられる料理を満喫して

旭川の名酒も楽しみましたよ〜。

この後は、2次会に行く人、ホテルのスパで癒す人、旭川ラーメンを堪能する人・・・

と、それぞれのスタイルで夜を満喫されてました。

 

2日目のスキー場は、昨日まで雪が降っていたので、パウダーランも楽しめるだろう・・・

という読みで、カムイスキーリンクスに決定!!

バスでゆったりと揺られながら向かいます。

予測通り、山頂はいい感じに新雪が積もり、景色も最高!!かなりテンションあがります。

ツリーランばんばんに行けますよっ!!

カムイには、急斜面カービングバーンも魅力ですが、ツリーランが楽しめるコースや、

サイドカントリーでパウダーが楽しめるエリアが多いのも魅力です。

しかも、平日は貸し切り????と思うくらい、穴場的なスキー場ですから、夕方近くまで

未滑走パウダーが方々に残ってましたよ〜。

ベテランの皆さんが多いので、無理せずスタイルに応じて、オーバーペースに注意して

それぞれに楽しまれていましたが、若い??? 50代組はパウダーランに没頭してました。

もちろん、私もお付き合い!!

誰も滑っていないサイドカントリー。

先陣をきってスタートするT中さんです。

この後も、ゲレンデのあちこちに存在するパウダーエリアを、T中さん、S原さん、

Y浅さん、K部さん、M上さん中心にパウダーランを堪能させて頂きましたよ〜。

気温が高めだったので、やや重めのパウダーではありましたが、全然OK!! やぁ〜

ごちそうさまでした!!って感じです。

カービング好きの初参加M岡さんも、カムイの幅100メートル斜度30度の名物バーン

感動されたご様子。様々なニーズに応えてくれるカムイの懐の大きさを改めて感じました。

怪我もなく、無事カムイ滑走終了。

 

夕食は自由参加にしたので、10名の皆さんと新規開拓のお店にトライ。

厚岸漁業部 祐一郎商店に行きました。飲み放題付き4,000円とリーズナブルでしたが、

お刺身・鍋料理など、お値段以上!! 皆さん、ご満悦!!

 

今宵も、2次会に行く人、ホテルのスパで癒す人、旭川ラーメンを堪能する人・・・

と、それぞれのスタイルで夜を満喫、ベテランの皆さん・・・・本当に元気です。

 

3日目・4日目は、どピーカンだったので、ゲレンデ滑走に醍醐味がある、ピップスキー場

に出没。

広島のスキー場からすると、コース幅が平均して3-4倍ありますから、斜度がそこそこ

あるのに、全くそれを感じないので、ついついオーバーペース&オーバースピードに

なりがちではありますが、それがピップの魅力・・・・中・急斜面の1枚バーンで

1500〜2000mの超・カービングバーンが4本あります。

平日ということもあって、どのコースもほとんど貸し切りに近い感じですよねぇ。

T中さんのカービングターンも、最高に気持ち良さそう!!でしょ!!

ツアー初参加でピップ初トライのM岡さん・・・「カービング族には・・たまらん!!

と、感動のご様子でした。

ピーカンだったので、北海道最高峰の大雪山系旭岳もしっかり顔を出してくれました。

やっぱり、雄大な山です。皆さん、少なからず癒されたのではないでしようかね。

 

今回のツアーは、運転手さんがとても良心的に、皆さんのわがままを聞いて頂いたので

すごく柔軟なツアーとなりましたよ。昼まで滑って、体力の温存希望の方を、お昼過ぎには

ホテルに送り届けて頂いたり、ピップでは、昼から温泉希望の方を温泉まで送迎して

下さったり・・・ベテランの皆さんが多いので、参加の皆さんのニーズに沿った、

とても快適なツアーになったと思いますよ〜。

 

最後までゲレンデで滑られる皆さんに、万が一怪我でもあったらいけませんから、私は

最後まで、スキー場にいましたが、ちょいと温泉に行きたい!!と、羨ましく思うのでした。

 

何より、怪我がなくスキーを終了できて良かった!!

 

今回、初参加のW辺さん・・・・特技を活かしての存在感は、初参加だっけ?????

と、錯覚させられましたよ。

 

最終日の夜は、全員集合でお疲れさまの宴会です。

常連の皆さんも、初参加の皆さんも、期間中にはすっかりスキー仲間・・・ツアー談義に

華を咲かせながら・・・ベテランの皆さんからは、

「来年も生きとったら来るでぇ〜」と、笑えるような・・・笑っちゃいけないような・・・

会話で盛り上がりながら、あっという間に過ぎてしまった、楽しい日々を惜しみつつ、

一年間、元気に過ごした実感を感じる意味での、「旭川ツアー」というベテランメンバーさんが

いらっしゃるのもまた、事実。

来年もまた、旭川で元気にお会いましょうねぇ!!

いつまでも、ピステスタッフが面倒見ますよぉ!!


最終日、千歳に向かうバスの車窓から見える留萌方面の山々は、例年には見られない、真っ白

な光景が広がっていました。

現役社会人の皆さんは口々に「現実に引き戻される〜」と、残念そうにおっしゃって

ましたが、それだけ、ツアーを通じて楽しまれた・・・ということでしょう。


ご参加頂いた皆様、つたない先導役でご心配をおかけしたと思いますが、ツアーガイドの

M上兄貴にもヘルプしてもらいながら、楽しく過ごす事ができました。

ご参加ありがとうございました。

また、来年旭川でお会いしましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です