以前ご紹介した『 ツアーブーツ 』ですが…

前回、ご紹介した『 K2 MINDBENDER』ですが、

何が良いんだか…?、なので追加情報です💦

『 K2 MINDBENDER』は、ツアーブーツでありながらアルペンブーツと変わりない作りで、

『ゲレンデ』も『バックカントリー』も

この1足でOK‼️

的な優等生ブーツで、

今までのツアーブーツですと、バックカントリーでの歩きやすさ、

長い時間履いて過ごせる事が重視されがちで、

パウダーを滑る上では、多少ルーズな履き心地でも問題ならなかったのですが、

ゲレンデでしっかり滑れる事が少々ないがしろに…。

でもスキーをする上で、どんなシュチュエーションでも滑りやすいブーツが一番ですので、

こういったニーズを叶えるべく、ツアーブーツも日々『進化』していますが、

特にこの『 K2 MINDBENDER』、

一般的なレース系アルペンブーツの重さは、2〜2.2Kg位、軽量のアルペンブーツで

1.5Kg位なのに対して、1.6Kg位と非常に軽く出来ていて、

ウォークモードも付いて、軽量モデルのアルペンブーツとほぼ同じ位の重さなんです。

バックカントリーだけでなく、車からゲレンデまでの移動やレストハウスの中でも

足首の可動域が広く歩きやすいので、

スキーブーツは歩きにくい』と感じておられる方にも

ホントに歩きやすくオススメです。

しかも、ビンディングも色々なタイプに対応するのも見逃せません。

<一般的なビンディング>

<ツアービンディング(ヒールが解放されクライミングシール登坂が可能)>

<TLTビンディング(ツアービンディングより軽量)>

『 K2 』に限らず、ロシニョール、アトミック、テクニカ、フィッシャーと

各メーカー、ツアーブーツは発売されてますが、

・履き心地

・ウォークモードの時の可動域

・バックルを緩めた時の機能性の高さ等

メーカーの違いで様々な工夫があり、あらゆる箇所で

『なるほど‼️』と思えるアイデア満載!

で、見てても感心します。

当然、各メーカー、各モデルによって価格差もありますが…

因みに『 K2 MINDBENDER 120 』は、¥75,000−(税別、アルペンソールセット)で

ツアーブーツの中では、お安め😅です。

いろんなシュチュエーションを楽しみたい方、歩き易く快適なブーツを探して居られる方、

実際に見て履いて頂いてご検討下さい‼️