白馬BCツアー レポート

1月23日(木)〜26日(日)、行ってきました…

☆白馬バックカントリーツアー!!★

※BCは24日(金)・25日(土)の二日間。

遅くなりましたがツアーレポートになります。

(長文ですがお時間ある方はお付き合い頂ければ幸いです)

 

全国的に記録的な暖冬で開催も危ぶまれましたが、

『標高の高いところであれば楽しめますよ!!』

というガイドさんのご案内のもと、開催することができました。

今回は6名のお客様にご一緒して頂きました。

 

ーーーーーーー

まず初日24日(金)は白馬乗鞍へ。

栂池スキー場にてゴンドラ、そしてリフトを乗り継ぎ、

ゲレンデトップから白乗を目指しました。

写真はゴンドラ乗り場付近ですが、ご覧の通り白馬も雪が少なく、

これには参加者の皆さんもビックリ!!。

 

ゴンドラを降りたらリフトへ、

写真は昨年からピステBCにご参加頂いている『○野さん』。

 

リフトを降りたら登り口林道まで移動。

このあたりで標高が1700m位でしょうか、

まだまだガスがかかっています、なんとか晴れてくれると良いのですが…。

 

林道へたどり着き、ここで登りの準備を開始。

今回の参加者の皆さんは経験者の方達ばかり、

慣れた手つきでシールの準備を開始!!。

写真は昨年も参加して頂いた『◯原さん(左)』と『◯波さん(右)』

 

登りの準備が整った方から今度はガイドさんによるビーコンチェック。

右の方がガイドの『高橋さん』、昨年に引き続き今年もお世話になりました。

 

スタート前に皆さんでパチリ!!。

さあ、どんな景色が

  待ち構えてくれているのでしょうか?


いざ出発!!

 

ところどころ休憩をとりながら進んでいきますが、

次第に青空も見えてきます。

 

こちらは2年前に鳥取烏ヶ山でご一緒頂いた『◯中さん』。

 

『○野さん』、やる気満々です。

 

小休憩を繰り返しながら登って行きますが、

 

今回の皆さん、経験者ということもあって登りがとてもスムーズ!!。

流石!!

 

軽快な足取りで登って行かれます!!。

 

こちらは過去野沢BC、高鷲BCへご参加頂いた『◯戸さん』。

 

標高も2000m近くなってくると目前に雲が…、

 

見えてきました今回のお目当て白馬乗鞍の大斜面、

ガスも抜け、コンディションも良さそうです。

白馬はやっぱり雄大!!

 

目の前の絶景に思わずガッツポーズの『○永さん』。

 

さあ、頂き目指して皆さんもう一踏ん張り!!。

 

ピステチーム以外にも当然登っていらっしゃるグループが…、

写真からも山の壮大さが想像つくかと思います。

登っている人が豆粒ほどに見えます!!。

 

ピステチームも頑張です!!

 

途中気持ち良さそうにカッ飛んで滑っていらっしゃる方と遭遇、

雪の条件も思った以上に良さそう!!

 

先頭の『○波さん』、さすが余裕の表情!!。

 

ある程度登っていくと、やはりそこは標高2000m以上,

猛烈な突風が吹き荒れていました!!

 

立っているのも大変な位でしたので、

ガイドさんの判断でここから滑り出すことに。

皆さん登りから滑るモードへ。

(写真ではわかり辛いですが、風が本当にすごかったです)

時間にして約3時間の登り、ちょっとハードでしたが、

 

皆さんお待ちかねの滑走タイム!!

 

皆さん今シーズンは人工雪でしか滑れていませから、

初天然雪??滑走です!!。

 

上から覗くとこんな斜面、

 

下から覗くとこんな感じでした。

 

そしていよいよドロップイン!!

ガイドの『高橋さん』に続いて先ずは『○波さん』

 

『○永さん』

 

『○原さん』

 

皆さんで刻んだシュプール!!

 

ここからさらに滑走して下って行きたいところでしたが、

これ以上標高をさげると雪の条件が悪くなるとのことで、

約半分ほど登り返してもう一本!!。

 

まずはガイドの『高橋さん』が下見。

 

『○戸さん』go!!

 

『○野さん』go!!

 

締めは『○波さん』

 

ピステチームで制覇した白乗の斜面!!

 

その後は、クラストした斜面と格闘しながら??、

林間コースを通って無事に下山。

ゲレンデトップでパチリ!!、記念撮影!!。

(※○永さん、Piste Tee、ありがとうございます)

 

ーーーーーーー

2日目、25日(土)は白馬の聖地??『八方』へ。

ガイドの『高橋さん』、雪の条件などを入念に考え、

昨日と同じ白乗にするか八方にするか相当悩まれていましたが、

『八方はかけになりますが、のってみますか?』

の一言に皆さんでのってみました。

 

八方ゴンドラリフト「アダム」、アルペンクワッドリフト、

グラートクワッドリフト、

3つからなる『八方アルペンライン』を乗り継ぎ先ずはゲレンデトップへ。

下界はどんより曇り空ですが、

 

ゲレンデのトップまで上がるとご覧の通り(標高1800m程)、

☀️快晴☀️

 

青空がやばいです!!

 

皆さんまず登りの準備をしてガイドさんによるビーコンチェック。

写真は『○中さん』

 

『○原さん』

 

準備が整ったら皆さんで記念撮影!!。

青空最高!!

 

ガイドの『高橋さん』から山々の説明を…。

 

それにしても、景色が本当にすごいですね!!。

この景色だけでも『かけ』にのる価値がありました。

 

当然ピステチーム以外にも大勢のスキーヤー、登山者が。

 

いよいよ出発!!

 

言葉は何もいりませんね、この景色だけでお腹がいっぱいです。

『○戸さん』もこの景色にはご満悦!!。

 

要所要所で休憩をとりながら、

 

ひたすら登ります。

 

後半にかけて急勾配も、

キックターンしながらジグザグに登ります。

 

尾根伝いを登ったので、

途中ヒヤヒヤドキドキするような箇所も!!。

 

目指すゴールは中央の頂。

 

最後に難関??、ここはツボ足です。

 

『◯野さん』『◯中さん』

絵になってます!!

 

登ること3時間、ようやく目標地点到達です。

標高にして2300mほどでしょうか。

皆さんお疲れ様です、記念撮影でパチリ!!。

(※○永さんありがとうございます)

 

お待ちかね、滑走タイムです!!

 

まずはガイド『高橋さん』が下見。まずまずの雪のようです。

 

皆さん続かれます!!。

 

下から見るとこんな斜面!!。

 

皆さん気持ち良さそうに滑走されます!!

 

場所を移して2本目のラン、

 

標高が下がるにつれて雪質も変化してきます、みなさん慎重に。

上からの写真だと分かりづらいですが…、

 

下から見るとこんなオープンバーンでした。(絵が小さくてすみません)

 

皆さんで描いたシュプール!!

 

一本、そして二本目と、

予想以上に良い条件で滑走することができました。

 

問題はここから先の斜面、

ガイド『高橋さん』が出発前におっしゃられた…、

『八方はかけになりますが、

  のってみますか?』

この意味がようやくわかります。

二本目から下の斜面は、かなり手強いクラスト。

今回の参加者の皆さんは、

登りも滑走技術も申し分ありませんでしたが、

安全に下山するのがバックカントリー!!

 

ガイド高橋さんの的確な判断で、ここから下への滑走は取り止めに。

多少の登り下り、トラバースを繰り返しもと来たルートへ戻ります。

写真では分かりづらいですが、中央から下は、かなり手強いクラスト。

ただ、ピステチームの皆さん軽快にクリアして行かれます。

流石!!

 

もと来たルート目指し…

 

無事に到着!!

 

写真はピステチームで滑った斜面、

こうして見るとそこそこの距離を滑っています。

 

そこから下にも延々と美味しい斜面があるようです…が、

この日はここで我慢!!

安全に下山するのがバックカントリー!!

ですから。

ゲレンデトップを目指し、帰路につきました。

 

 

『もう少し滑りたかった』という思いが、

正直皆さんあったかと思います。

ただ、そんな皆さんに白馬の山々が…、

『待っているからまたおいで!!』

そうささやいているかのようでした。

 

 

==========

BCツアー第一弾、

『白馬バックカントリーツアー』

おかげさまで無事に終了することができました。

ご参加頂きましたお客様、ありがとうございました。

 

昨年に引き続き白馬へ行った訳ですが、

全国的にも過去に例がないほどの雪不足、

それは白馬も例外ではありませんでした。

そんな中でも、なんとか与えられた環境で

楽しんで来ることが出来ました。

これもご一緒して頂いたお客様のご協力、

ご理解あってのことだと感じております。

重ね重ね御礼申し上げます。

 

今回ご参加頂いたお客様は皆さん経験者の方たちばかり、

3時間の登りはそこそこハードだったとは思いますが、

皆さん難なくクリア、滑走技術も申し分なく、

ツアーの進行もとてもスムーズで、

ガイドの『髙橋さん』も関心していらっしゃいました。

 

皆さんこれからも更にレベルアップしていかれると思いますが、

お店としてもそのお手伝いが出来れば幸いです。

今後ともピステのBCツアーをどうぞよろしくお願い致します。

スタッフ 石田

4