レーシングチューンセミナー行ってきました。

先日、ロシの本社からこられたレーシングサービスのチーフによる

チューンナップセミナーに行ってきました。

スキー板の製造からトップ選手のエッジの仕上げ方など

普段はあまり機会がない内容でいい勉強になりました。

今回はサンドイッチ構造のスキーが作られていく工程の動画を

見ながら説明をうけましたが、ソール・エッジ・グラスファイバー

・芯材…… という順番で材料を重ねていきプレスしていくという

以外に手作業の多さに感心しました。プロトタイプ用のプレス機一台(1ペア分)

でフェラーリ約2台分の値段がするのも驚きでした。

エッジの仕上げは、ダイヤやストーンを使い手仕上げで入念に磨いて

いくというイメージでしたが、人間がやる作業は体調などで仕上げが

バラついたりするので、マシンを使用して常に同じ状態に仕上げるそうです。

あと、サイドウォールを入念に時間をかけて磨いていき、新品の時の

ザラザラをツルツルに仕上げて滑走性能をあげるようです。

作業方法などの細かい部分はまたお客様にお伝えしていきますが、

チューンナップもマシンや技術が進化してますね〜

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)