お正月・北海道ツアー Vol.1 (ツアーと思いきや、まさに合宿でした。)

やぁ、いつもより少し長い年末年始休業を頂いて、お正月の北海道ツアーを

開催して引率????してきました。

3月の北海道ツアーの期間中は、ここのところ必ず立ち寄るピップスキー場に

ベースを張ったツアーです。お正月のツアーは、3月のツアーとは違って

技術向上や滑り込みを目的として参加している皆さんが多く、ツアーとは言え、

半分は合宿的なイメージだろうなぁ・・・と思っていました。

無事に千歳に降りて、バスでピップに移動!! 宿に着いて指定された部屋に入る

ため、扉を開けると・・・・・なんと、そこはホンマもんの合宿所でした。

2段ベッドが2列並んだ、スキーヤーズルームです。ネットで見た和室とはかなり

イメージの違いにちょっとショック・・・と同時に、誰かから文句言われそう

だなぁ・・・と心配。でしたが、1泊3食ついて5500円という破格値を事前に

PRしていたおかげで、「まぁ、値段が値段だから充分充分・・・寝るだけ寝るだけ」

の声に、皆さんの「大人ぶり」に感謝・・・・

さっそく、夜は合宿スタートを祝って宴会の始まり〜〜!!!! 楽しく飲んだはず!! が、

例によって、記憶喪失のうちに朝を迎える私・・・・・・。

 

さぁ、雪不足が心配されたところでしたが、ぎりぎり間に合ってくれた、

ピップのゲレンデ。正面のゲレンデは端から端までのヨコ幅がなんと300m

くらいはありそうな、広大なバーン。(練習にはもってこいの良いバーンが

画像で伝わりますかねぇ〜)

雪も降りたての柔らかいパウダースノーです。こんな、恵まれた環境ですから、

3日間の滑り込みは、かなりレベルアップの予感です。ここで問題なのは、

自分の体力・・・。(ブーツのフィッティングに明け暮れて、かなりの疲労度と

ともに北海道入りですから。)

予想通り、みなさんはガンガンに滑り倒して、昼飯以外は全く休憩なしで

行きます行きます。誰か休憩しよう!!と言ってくれぇ〜と思いつつも、許して

もらえる雰囲気でもなさそうなので、ついていきます。

しかし、皆さんスキー履くと、ほんとに良い顔してますねぇ〜。

降りたての雪が樹木にへばりついた冬らしいロケーションも最高ですねぇ〜。

こんなバーンで滑れるんですからそりゃあ皆さん、気分は最高でしょ〜。

プルル〜・プルル〜 携帯が鳴ったので出てみると、竹田征吾さんから

ではないですか???

「店長、もしかして今ピップに来てますぅ???」

「来てます、来てます。」

「なんだぁ、僕も来ててちょうど帰る時に、宿の玄関に 歓迎!!ピステさまって

書いてあるから、もしかしてと思って電話したんすよ」

「帰るなんて言わずに、ゲレンデ出てきて付き合ってよ〜」

「飛行機が〜」

「じゃあ、続きは広島の雪上で・・・」

ということで、惜しいニアミスでした、残念!!!無念!!!しかし、日本はせまい!!!

 

また、続きはぼちぼちとご紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です