盛岡冷麺

こんにちは! そろそろブログネタが尽きかけている 『けんちゃん』 こと 『石田』 です! 

盛岡冷麺

 

今日は岩手の食文化を!   写真なんですが、ラーメンでも冷やし中華でもありません!

           『盛岡冷麺』 です。

『おいおい! スキープロショップのブログでそんなもの紹介するんじゃない!』

と、社長に叱られそうなので、定休日にこっそり up します(汗)。

 

盛岡冷麺は岩手県盛岡市の名物麺料理です。『わんこそば』『じゃじゃ麺』

と並んで『盛岡の三大麺』と言われている、辛味のある冷麺です。

味はというと、『メチャメチャうまい!』です(驚)。

 

特徴としては・・・、牛骨、牛スネ、丸鳥を使った醤油ベースの濃い口スープ、

独特のコシともっちりとした食感の透明感ある中太麺、辛み(大根のキムチ)、

付け合わせとして載せられる果物(リンゴ、スイカ、梨など季節にあわせて)。

焼肉屋さんで主に提供されていますが、今ではいろんな店舗で出されてます。

僕の岩手の知人のかたは、みんな大好きです!   そして、僕も!

 

初めて食べた時、いや見た時は思わず

『な?、なんじゃこりゃ?、麺にリンゴが載っとる!キムチまである・・・?』

ところが食べてみると 『う! うまいじゃないか、これ! どうなっとん?』

今ではもう虜に! ただ広島では『盛岡冷麺』とうたっている冷麺はあっても、

今のところ本物には出会えていません、残念ながら・・・。(あったらごめんなさい)

『あぁぁ、盛岡冷麺を食べに岩手へ、盛岡へ、雫石へ帰りたい!!!』

 

               でも・・・、

よくよく考えてみると、この盛岡冷麺、癒しを与えてくれる岩手の雄大な自然や温泉、

インターアルペン雫石スキースクールの仲間、そして尊敬してやまない

校長、松ノ木敏雄 に出会えるきっかけを与えてくれたのは

                           まぎれもなく 『スキー』 ・・・!

このブログを読んでるお客様の中にも、スキーを通じていろいろな出会いを

されている方、多いかもしれませんね!

これから先も、まだまだいろんな経験を僕に与えてくれそう・・・、そんな予感がします!

スキーしたいですね! まだ夏なんですが! でもするんだったらやっぱり、雫石、

インターアルペン雫石スキースクールで、そして松ノ木校長のもとで・・・

         冬、シッポを巻いて校長に会いに雫石へ逃亡しようかな・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)