密かに各メーカーのTune-upもチェックしてました…。

各メーカー揃った試乗会に行ってきました。

試乗会では、朝一番からR27以上のGSの板から始める

のがpisteの定番で、雪の状態の良いうちに… 

体力のあるうちに…というのが理由で、今回もレース系

から始まり、次はこれ、その次はこれとひたすら滑り続け

ました。なかなか試乗する機会ないですもんね〜。

 板の感想は、各メーカー特徴は違うものの、性能はどこも

すばらしですね。とくに当店オススメのオガサカの扱い易さ

は、来シーズンモデルも変わらないと思いました。それぞれ

の板についての問い合わせは当店へご来店くださいね。

 せっかくなので、板のチューンの話しも少々

今回の試乗会でも話題となったチューンですが基本は簡単

です。ソールはフラットで均一にストラクチャ−を入れ、

エッジは指定された角度を均一に削る、安定した品質で… 

しかし、最終仕上げにたどりつくまでにはたくさんの

罠がしかけられております。ソールの状況の違い、板の

材料の違い、板の形の違い、削る材料の違い、マシーン

の違い、圧力の違い、削り方の違い、硬さの違いなどなどです、

流れ作業のようですが実は板との戦いです。ジレンマとの戦いです。

作業以外では、雪質の違い、滑るスタイルの違い、

板の性能の違いなどによっても印象が変わってきますよね。

さらに、プラモデルのように説明書もないし、テストのように

点数つけられるわけでもないので経験と感覚が必要になって

きます。おおまかですがこのあたりがチューンの難しいところ

ではないでしょうか?そこで重要になってくるのがお客様からの

情報です。チューンナップは下請けの仕事も多く、お客様との

距離もあり情報が入りにくいことがあります。チューンで不具合

があれば相談してください、それがチューンナップの成長と

なっていくと思います。『安全で快適』を基本としてさらに

進化していきたいと思います。09/10シーズンに向けては

ストラクチャ−を改善計画中です。楽しみにしていてくださいね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)