鷲ガ岳試乗会、無事終了しました。by しらまさ

今回は3/8深夜〜9日早朝にかけ、夜通し車で試乗会参加のため岐阜へ・・・

10日の夜家に帰ってきましたが、終わってみれば、想像以上にハードな旅でした。

その理由はあとあと・・・・

 

鷲ガ岳であった、ディーラー向け09/10New Model Ski試乗会・・・・・。

スタッフ全員と、一般のスキーヤーの皆さんの試乗評価も生で把握したいこと

もあって、ピステスキークラブ員数名とともに、行きました。

鷲ガ岳もさすがに今年は雪がヤバい感じでしたが、西日本の寂しい降雪状況に

最近は慣らされてしまっていたので、それでも納得のいく鷲ガ岳となりました。

今回は、鷲の隣のスキー場(ホワイトピア高鷲)に常駐している、イチポンも夫婦

で参加。結果的にスタッフ全員と、クラブ員のミニツアー状態です。

試乗に参加していたメーカーは、ロシ・サロモン・アトミック・K2・エラン

フィッシャー・ヘッド・ブリザード・ノルディカ・フォルクル・オガサカ。

主要なブランドは勢揃いしていました。

細かいフィーリングは個別にお問い合わせいただくとして、今回は、他の

スタッフもブログに書いていましたが、数ブランドがチューンナップの不備

により、試乗しても試乗にならないブランドがありました。同行したクラブ員も、

朝一の滑走中、チューンの不備により転倒している人や、スキーを操れずにただ

まっすぐに降りて行くしかない・・・・。

それぞれのメーカーさんに「これは試乗になりませんよ!! 危ないですよ!!」

と伝えます。「何が原因なんですかねぇ????」「チューンが原因です!!」

「そうなんですかぁ・・・・こりゃあ、まいったなぁ。他の小売店さんたちの

板のイメージが悪くなるのが心配だなぁ・・・」と、コメントされてました。

 

幸い、ピステスタッフは、自社工房で四苦八苦しながらチューンの品質を

UPさせることに努めてきたつもりなので、板の性能ではなくチューンの問題!!

だと、すぐにわかったのでいいようなものの・・・・

他店の知り合いの方と話すと、案の定、「今年の◯◯メーカーはだめだなぁ」

というコメントになってしまってました。その印象だけが、スキーヤーの

皆さんに伝わるのだとすれば・・・・・怖いことです。

 

我々は、怪我をしたくないので、チューンのまともなブランドばかりに

試乗することにしました。チューンの不具合の合ったブランドは、今期と

大した違いがないのが幸いでした。

 

これだけ一気に様々なブランドに試乗すると、いつも感じるのは、大回りの

板だろうが小回りだろうが、セミファットだろうが、各メーカーごとに、

乗り味の基本は共通しているということ。

操作性がいいメーカーは、どれに乗っても操作性がいい・・・・・・

キレがあって走るメーカーはどれに乗ってもキレと走りがいい・・・・

まったりとしているメーカーは、まったりと・・・・という感じで。

 

総勢12名でのぞんだ試乗会を通じて、総合的に一番人気だったのは、基礎系では

ええ〜〜!! マジで〜〜!! イメージないよ〜!!

 

と言われるかもしれませんが、ダントツで「エラン」でした。

クラブ員みなさん、エランをはいた時の動きの変化には、みんな絶句!! でした。

皆さんに言えることとして、自分からしっかり動いていける「余裕」を感じます。

だからといって、優しすぎるとか、軽すぎるといった、ランクの低い板に

ありがちな「物足りなさ」はないのです。たぶん、ピステでは、来シーズン

イチオシモデルに入ってくるでしょうし、試乗したクラブ員の皆さんも

「えかったよ〜」と、口コミされるのでしょうねぇ。

 

1日目の試乗が終わって、宿へ・・・・

普通の旅館の夕食・・・・から、全員酒が入ってきたところで・・・・

予想だにしていなかった展開に・・・・・・。

大広間での食事、そこには一段高い舞台が・・・そしてカラオケの機械が。

スキーヤーの夜は、爆発しました。

記憶喪失者多数発生・・・・火をつけた◯永さん、みなさんの日頃の

ストレス解消に貢献頂いて、ありがとうございました。

 

仕事で行った試乗会ですが、クラブ員の皆さんに心底癒される思いで

大変感謝です。

 

スキーは、良い仲間がいると、本当に楽しめますねぇ・・・・。

滑るだけがスキーじゃない!!

仲間や景色、旅、酒、温泉・・・・・。どれもスキーを通じて楽しめる!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)