遅咲き!!!

こんにちは!

最近考えごとがちょっと多くなってきた、『けんちゃん』こと『石田』です。

9月に入りブーツのチューンや再調整にご来店されるお客様が増えてきたように

感じるこの頃なんですが、先日常連のお客様Kさん(中国地方在住)もブーツの

再調整でご来店されました。

実はこのKさん、某スキー雑誌の連載企画に登場されていました↓↓↓

グラフィック6

 

詳細はここでは書きませんが、『遅咲きのスキーヤー』的な内容の記事です。

ブーツの作業の合間に実際いろんなお話しを聞かせて頂いたのですが、30代半ばを

過ぎてから本格的にスキーを始められ、途中靭帯損傷等の怪我を経験されつつも、

今ではエキスパートレベルの域まで・・・。

基本的なことを大切にされていて、不整地などの滑りにくいところも楽しみながら入り、

滑りの幅を広げていかれたようです。

 

    『遅咲きのスキーヤー』・・・、妙に良い響きです!

お客様の中には小さな頃からスキーをされている方もいらっしゃれば、社会人に

なってから始められた方もいらっしゃると思います。正確にはわかりませんが、

社会人になってからという方が多いかもしれません。

自分も経験がありますが、大人になってからだと上達するのって結構大変です。

言われたことが出来なかったり、雪質や斜面条件が変わると上手く滑れなっかたり、

スキーって奥が深くて難しいかもしれません。

・・・そこがスキーの良いところでもあるんですが!

Kさん、地道な努力を続けられたんだと思います。

 

ここで、このブログを読んで下さっている方に提案です!

この冬・・・、もしくはこれから?年先の冬・・・、Kさんのように

    『遅咲きのスキーヤー』

目指して、楽しくスキーをしていきませんか?

技術の上達、すばらしいことだと思います。でもそれだけがすべてではないと思うので、

『自分なりにスキーを楽しめれること』、ということで。

僕のように『滑った後の温泉が最高』、みたいなこともありかな・・・と。

楽しみ方の幅を広げていければ良いんじゃないかなと思います(笑)。

『咲いちゃった!』という方はまた教えてくださいね!

 

Kさん、またいつか雑誌に載っちゃうくらい、これからも楽しくスキーして下さいね!

ちゃんとチェックしときます(笑)

 

==============================

最近、自分がしてきた経験をいろんな方に共有していただける、

    『何か!』・・・、

こっそり考えているんですが、一つひらめいたのは

『この冬、松ノ木校長を広島に呼んじゃおうか』 、ということ。

可能かどうかは別として、水面下でコソコソします(笑)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)