遠回りのようで、最短距離・・・「ポール滑走」

上達への荒療治・・・とでも言いますか・・・・最短距離と言いますか・・・・

 

一般スキーヤーや基礎スキーヤーの方にオススメしたいのが、ポール滑走!!!!!!

基礎スキーや、検定合格を目指しているのだから、レースやポール滑走なんて関係ない、

自分のスキースタイルとは別の世界・・・と思っているスキーヤーの皆さんが、いかに

多い事かと、いつも悲しくなります。

 

こんなに効果的で即効性のある上達への「荒療治」が他にあるかな??? と思います。

 

スキー場さんで、ポール立ててあるのでご自由にどうぞ・・・的なサービスには、

たま〜に出くわしますが、どうでしょう・・・??????

1〜2回は興味本位と好奇心で、さら〜っと流して滑走してみるものの、

「まあ、こんな感じか、気分転換できた・・・」的な雰囲気で終わってしまいますよね。

 

ところが、ちゃんとした指導付きのポールレッスンを一日でも体験すると、滑走の

モチベーションはもちろんですが、一回一回、一本一本どういう課題があってどう改善

して、どう攻略すれば良いのか、アドバイスを受けながらの滑走であれば、動きや

イメージが飛躍的に変化していきます。

立てっぱなしのポール滑走とはまるで似て非なるもの!! になります。

 

ポール滑走は旗門で曲がるポイントを完全に制限されています。嫌でもそこで曲がって

いくことを繰り返していかざるを得ません。

そんな中でも、スムーズに無駄なく効率的に滑る!! (レースなら、且つ速く!!)

ことが無言の要求として存在しています。

 

対してフリーのゲレンデ滑走は、しっかり練習しているつもりでも、知らず知らずに

自己都合の動きや、自己都合のターン弧を黙って許してくれる、黙って受け入れてくれる

寛大さとともに、なかなか皆さんが気付いていない、そんな「欠点」も存在しています。

悪く言えば、「いくらでもごまかしが効く条件での自己都合滑走」でもあるんです。

 

毎年4月に行くチャオレーシングツアーでポール初体験された皆さんが、ほぼ100%の

確率で以降、ポール滑走にハマる理由として、一本一本の完走時の達成感やスピード感、

スリリング感はもちろんだと思いますが、普段「いくらでもごまかしが効く条件」での

滑走ばかりしてきたことに、ようやく「気づく」きっかけになっていらっしゃるように

思います。なるべく速いスピードで、曲がりたいところで自在に曲がるだけのことが

案外と難しいと感じた皆さん・・・だということです。

 

もう40年以上、スキーに絡んだ人生を送ってきました。仕事柄、どうしたら皆さんが

より上手く・楽しく・快適に滑ってもらえるかを、ひとつひとつ、提供するサービスや

技術に盛り込んできたつもりですが、今シーズンは、やっと・・・ポールレッスンが

実現できそうです。

 

一般スキーヤーや基礎スキーヤーの皆さん、まずは一日だけでも、ポール滑走を体験

してアドバイスを受けてみてください。それそのものは体験的なものだったとしても

かまいません。

 

ポール滑走終了後に、思いっきりフリー滑走をしてみてください。

視野の広さの変化・スピードに対しての気持ちの変化・動きの余裕・・・・・・

 

恐ろしいほどの変化・・・を体感できることでしょう!!

 

ポール滑走は、プルークボーゲンのJr.たちでもできること!!

資格や技術も関係ないんです。

スキーをつけていれば、誰でもトライできるんです。

理屈なんていいんです。

感覚であっさり上達してください!!

 

限られたシーズン・・・最短距離で上達してください。やったら分かります!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

伝えたいこと!!

次の記事

一番乗りで見てきました!!