ピステの父・・・ピステスタッフの父。

かれこれ20年くらいのお付き合いになりますか・・・

お付き合いと言っても、お客様です。60代の人生大ベテランです。

昔から本当にスタッフを気遣い、ピステを気遣う

「ピステの父・スタッフの父」

のような方です。

いつもいつもその方が買い物をして頂く時には、

「本当にこれ買ってもらって使うんですか???」という会話をしながら

それでもお買い物をされます。たぶん、買ってはみたものの使わずにあるものが

お家にはたくさんあるのだろう・・・と思います。

「使わないものを買いなさんな」 と言っても、買われるので困りものです。

 

しかし、このご常連のお客様 ( I さん)はほんとうに、仏さんのような方です。

自分の損得は抜きにしてでも、近所の子供達をスキーに連れて行ってあげたり、

ピステのスタッフが身体をこわしたり怪我でもしようものなら、「◯◯病院に

行ってみなさい・・・」とか、根っから人の為に生きていらっしゃるような

オーラを感じます。人の喜びが自分の喜びとして感じていらっしゃるので

しょうか。

この I さんのお姉様が先日亡くなられたそうで、大変寂しい思いをして

いらっしゃいました。この場をお借りして、謹んでお悔やみ申し上げます。

葬儀には500名近い参列がおありだったようですが、 I さんのお姉様

なら、納得のいく人数だなぁ・・・とも思いました。

 

しかし、僕は I さんと接していていつも思う事があります。

いかに自分は気持ちに余裕がなく、今に精一杯で、周囲への配慮の少ない

人間か・・・。店の経営や子育てや家計のやりくりやらで、結局気持ちに

余裕なんてないんですよねぇ。

 

あと20年も経てば、僕も I さんの年齢になります。その時くらいには、生活に

落ち着きが出て、純粋に人の喜びを自分の喜びに感じられるような、気持ちの

余裕とゆとりが欲しいものです。

 

 I さんが時々店に来て座談をすると、いつも気持ちが優しくなれます。

他人にそんな気持ちを感じてもらえるような人間になれたら、いいなぁ・・・。

20年先の” I さん化” 計画でも立てて、地道にいきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です