年末のちょっといい話・・・・

この前の定休日・・・・

かみさんに買い物の指令を仰せつかりましたので、可部界隈のスーパーに

買い物に行きました。

指令のあったものを一通りカゴに入れて、レジで支払を済ませて商品詰め込み台

のところで袋詰めしていたところ・・・焼き肉のたれが転がって床に・・・

いや〜な音が響きます。「うそ〜!! もしかして割れた????」

予想的中・・・床は見事なタレ色にお染まりになられています。

もちろん、周りのみなさんの目線は私とタレ色に染まった床を行ったり来たり。

結構、頭が真っ白になっているのが自分で分かりました。

通りがかったパートのおばちゃんが、「まあ、悪かったねぇ・・怪我はない?」

と優しい言葉を、大きな声でご心配いただきまして、気付いていなかった周りの

方も更に視線がこちらに・・・有り難いけど、そんなに大きな声で言わないでぇ

と思いながらも「大丈夫です。申し訳ないです、汚してしまいました。ゴメンナサイ!!」

とお詫びしていると、レジの若いお姉さんが気付いて、すぐに清掃担当のスタッフを

呼んで下さり、その場はきれいにして頂きました。

若いお姉さんは、きれいになったのを確認すると、一目散に売り場のほうに走って

行くと、すぐにリターンしてこられ、「商品はコチラでしたよね・・・」と、

割れたタレと同じものをもって来てくれています。

「じゃあ、買いますので・・」と言うと、

「いえいえ、交換させていただきますので、お代は結構です。」

「自己責任ですから、そういうわけにはいきませんよ」と言いましたが、

「ほんと、大丈夫ですから・・・」と、おされて甘えることにしました。

普通ならば、支払前の買い物中に商品を壊そうものなら、

「お買い上げいただかないといけません」と言われることの方が多そうなのに、

支払後の自己責任の範疇だと思うシーンで代替え品をご呈示いただくなんて。

しかもそのお姉さん、対応を店長さんに確認したりする時間もなかっただろうに

人情味あふれる判断で、迅速に動いてくれていたことが、

感動に値しました。

この経験を通じて、このお店のファンになりました。

同じ商売人として、頭が下がりました。人間関係が希薄になるばかりの

世の中で久しぶりに感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です