2010北海道ツアー終了!!

3/3-7の4泊5日の日程で、恒例の旭川ステイのスキーツアーに行ってきました。

今回は16名のお客様とスタッフ2名の18名でのツアーになりました。

ツアーご常連さま9名と初参加7名という構成でした。年齢層は比較的高く、

60歳オーバーの元気なベテラン??スキーヤーの皆様が約半数・・・毎年のことながら、

滑走3日間と、毎夜毎夜の食道楽に酒盛り、アフタースキー含めて皆さん

それぞれにツアーを丸ごと楽しまれる姿に、自分たちもあれくらいの

年齢になって同じように楽しみたいものだ!! と感じて帰ります。

さて、ツアー報告と次回ご参加検討の参考までに、ツアー全体の報告です。

初日広島空港に集合して、飛行機に乗り北海道へ・・・・

楽しみにしていた空からの眺めは、厚い雲に阻まれてしまいました。

何か先行きに怪しい予感を感じもしましたが、まっ、何とかなるか・・・と、

切り替えて。

千歳に到着して、5日間チャーターしているバスに乗り込み、いざ旭川へ!!

高速道を走って旭川手前まで来ると、見えてきます!! カムイのスキー場が。

カムイ名物の広大な急斜面に、皆さんとともにテンションがあがってきます。

「あそこを滑るの? 広いねぇ〜」と、初参加のみなさんからは聞こえてきます。

ホテルに到着、チェックイン後は早速毎年お世話になっている、旭川一押し居酒屋

大舟さんで初日の宴会スタート!!

ツアー初参加の皆さんも、一瞬にして馴染めるのが

ピステツアーの不思議なところ・・・

初日から、とばしぎみに飲んだツアー2回目の参加のNさんは、この後記憶が・・・

の中味は、旭川の地酒「男山」でした。

しかし、いつ来ても美味しいお店です。Nさんのテンションが上がるのも理解

できますねぇ〜。

食後は皆さんそれぞれの楽しみ方で、ツアーを楽しみます。

ホテルのスパで日頃の疲れを癒す方・・・毎夜毎夜、別腹に旭川ラーメンを

堪能される方・・・ちょいと飲み屋へ2次回に行かれる方・・・などなど。

さてさて、本題はスキーです。初日の滑走は、コースとしては大満足の

ピステツアーお馴染みの ぴっぷスキー場!!

車窓からゲレンデが見えると、皆さんやっぱりスキーヤー・・・!!!!

にっこり笑顔で、ハイテンションぶりが伝わってきます。

到着するやいなや、ガツガツ組はゲレンデに一目散・・・

正月の合宿的ツアーでもぴっぷにはきましたが、人が閑散としている3月のゲレンデは

かなり魅力的です。めちゃめちゃ広いコース幅に、適度な中斜面がかっ飛び心理を

くすぐります。皆さん、普段広島のゲレンデでは到底感じられない開放感とともに、

思い切りよく動いて、思い切りよく飛ばします。

滑走中のMさんの大きさから、どんだけゲレンデが広いかわかりますぅ??

どこのコースもこんな感じですから、ガンガン行きたくなります!! いやいや、

ここで行かなきゃ、広島ではこれほど行っとけるところがなかなか・・・ですもん。

皆さんの気持ちがハイスピード化してくるのも当たり前。


今回初参加のKさんも元気に滑り始めます!!

「Kさん、元気に行きますねぇ〜。雪質が変わり始めてますから、

気をつけないと引っかかり始めてくる頃ですねぇ〜」

と話していたすぐ矢先・・・Kさん転倒!!


病院での診察結果は・・・「これは骨折ですねぇ〜」「まじっすかぁ〜」

初日だったので、Kさん的にもかなりショックもあったと思いますが、

「治るケガですから、これも経験 経験」と慰め合うのでした。

残った皆さんは、ぴっぷの恵まれたゲレンデを存分に堪能していただいたようで

初参加の皆さんも「マイナーなスキー場だけど、こんなにいいコースがあったんじゃね」

と、喜んでいただきました。

夕食2日目は、大舟の店長さんにご紹介いただいた、『花まる亭』さんへ。

北海道創作料理がテーマのお店。またまた、超リーズナブルで大満足の夕食でした。

ツアーで知り合ったばかりの仲間とは思えないほど、今日も和気藹々!!

Nさん、今日はお酒はほどほどにして自嘲して食をテーマにして

おられましたかね??? 旭川ツアーの夕食は楽しみの一つ!! です!!

2日目の滑走先は、富良野になりました。

僕は皆さんと別行動で、Kさんを空港にお送りしました。

飛行機会社さんの手厚いケアで、Kさんは無事に帰路に旅立たれました。

残念でしたが、また、リベンジしに戻ってこられることでしょう・・・・。

我々も、今後のために、いい経験をさせてもらいました。

こんなこともあろうかと、今回はピステからはスタッフ2名で参戦していたのが、

大正解!!だったようで、富良野直行の皆さんは、角森君がガイド役になって、

直行してもらいました。夕べはスタッフ二人で打ち合わせ、

「明日は別々に動かないといけないから、まずはバスを北の峰サイドに乗り付けて・・・」

などなど、入念にチェックしていたのに・・・・

北の峰に着くと天候の影響で頼みのゴンドラが休業!! 予期せぬ事態!! に、頼もしいのが

ツアー20年ほぼ皆勤賞のSさんの存在です。適切なリーダーシップで何とか新富良野サイド

で滑走開始できました。


皆さん、昨夜からの20cmの新雪に悪戦苦闘しながらも、

メジャーなスキー場での滑走を楽しんでいらっしゃいました。

富良野スキースクール校長の木村公宣さんの姿も見えて、記念撮影されたメンバーも・・・

かなり興奮ぎみでしたねぇ。

リフト下にも真っ白い雪がある景色を久しぶりに見た気がしました。

やっぱり、一面の白い世界こそ、スキー場には似合うのは

まちがいないですね。

本日は、けが人もなく無事終了・・・

さてさて、晩飯はどうしょうかな・・・????

日々美味しい贅沢な食事を頂くと、庶民としてはB級グルメ的なものも恋しくなります。

そこで・・・旭川ラーメン村 に決定!!

カップラーメンにも採用された有名店も並んでいます。10軒近くある地元の

有名店が軒を連ねています。

「はいっ、ここからは思い思いにお好きなお店でどうぞ!!」

ということで、一斉に散らばって庶民派グルメを堪能します。

ミニサイズのラーメンを3軒ハシゴして食べ歩き!!に徹した方もいらっしゃいましたよ。

もちろん、飲んで食べれるNさんだけですが。

広島で言えば、お好み村のようなところですが、味の好みは様々でしたね。

さあ、滑走最終日は豊富な斜面変化と広い急斜面がスキーヤーの心をくすぐる

カムイスキーリンクスに行きました。

画像の上半分に見えるのがカムイ名物の一つ、幅100メートル近い結構な急斜面です。

今日はKさんの経験を通じて、学習しました。皆さんに予め予告です!!

「無理なスピードは危険ですよ〜!! 気をつけましょうねぇ〜!!」

とはいえ、本気で自嘲していたのは、経験豊富なベテラン組の皆さんだけだったような。

この先が、名物コースの急斜面。こちらのメンバーさんは、イケイケ部隊。

チャレンジ精神旺盛の皆さんですから、分かっちゃいるけど・・・「行っちゃいまぁ〜す!!!」

という雰囲気とオーラを発していましたね。

しかし、この日はめまぐるしく天候が変化する日でしたねぇ。

視界15mくらいの濃いガスがかかってみたり、雨に近い雪が降ってみたり、山頂は

超ハイシーズンの雪〜山麓は西日本のような湿雪まで、1シーズン中に体験する

スキー場のシーンを全て見たような・・・・

山の天気は変わりやすい!! とは、こういうことですかね??

しかし、カムイはスキーヤーの全てのニーズに満遍なく応えてくれるスキー場です。

いつも楽しませてもらいますが、今回も◎でした。

本日も、ケガなく終了!!

最終日の夜は、やっぱり大舟さんで仕上げです。

ピステのお客さんで、同じ日程で大雪山のパウダーをねらいに来られていた、

2名さんも合流して、最後の晩餐?です。4日目ともなると、互いに全く遠慮もなくなり、

遙か昔からのスキー仲間状態です。宴も盛り上がります。

Nさんの前には、またまたが・・・後は、想像どおりの展開です。

ルスツや朝里川温泉などを転戦してきたピステ北海道ツアーも旭川ステイを始めて

早5年・・・最初から参加して頂き、常に宴を盛り上げて下さったり、

旭川ガイド役をして下さったりがこの二人・・・Mさん&Mさん

ちなみに、若いほうのMさんは、ベテランのMさんをツアー中は「お父さん・・・」

と呼んでます。

ツアー全体の用心棒にもなっているのか???  旭川の街を安心して歩けます

決して怖い人の集まるツアーではありませんので、ご安心下さい!!  用心棒ですから!!

携帯の待ち受け画面に入れておくと、誰もこっそり覗き見しないですよ〜????

少しそれましたが、最後の夜の2次回も人それぞれに楽しんだようです。

Kさんのケガが残念ではありましたが、こうして、今年も楽しく・明るく、

食べて、飲んで、滑って、皆それぞれのスタイルに癒される大人のツアー

は終了しました。

Kさんの一日も早い復活を祈りつつ、ツアー報告でした。

ご参加いただいた皆様、スタッフの頼りないガイドにお付き合いいただきまして、

ありがとうございました。来年も、是非行きましょう!!

そして、参加検討中のみなさん!! 用心棒付きで安心してご参加いただけますので、

是非ご一緒に〜!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)