シーズン大詰め!! シーズンを通して異変??? ですか〜

西日本地域のスキーシーズンは、ほぼ終わろうとしています。

1月までは順調に雪もあって、いいシーズンになりそうな予感!!でしたが、

2月以降は一気に気温が上がり、雨も多くてテンション下がり気味の皆さんが

多かったように思います。エルニーニョが終わるまで我慢!! ですかねぇ〜

3月上旬に行ったピステ恒例行事の北海道旭川ステイのツアーでは、

少々気になったことが・・・・

千歳空港から広島に帰る3月7日の日曜日・・・例年ならば、千歳空港利用者の

半数以上はスキーやスノーボードをしに北海道に来た人たちでごった返している

イメージがあります。が、感覚的に日曜日にもかかわらず、全体の空港利用者の

1/4くらい(それ以下かも・・)しかスキーやスノーボードをしにきた雰囲気の

人たちがいません。

土産もののお店も、レジを待つようなこともなく、昼時の食堂も待って入店する

ようなこともない・・・昼時だったんで、覚悟していたのになんか拍子抜け

したようです・・・・

なにより見て感じるのは、日本人の

若いスノーボーダーやスキーヤーが皆無!!

滑る目的で北海道に来ているのは、

40歳代少し、50歳代も少し、ファミリーが少し、最も勢力的に目立つのは

60歳以上のベテランのみなさん!!

(数年前まで目立っていたオーストラリアの皆さんもあまりいない・・・・

しかし、アジアの人たちの勢力は増していますが・・・・。)

若い人たちのボード離れは、かなり深刻なようです。かと言って、スキーに転向して

くれているわけでもなさそうだし・・・

景気の影響でお金のかかることを避けているのか????

少しずつ回数が減り、仲間もゲレンデに行かなくなって、自分も何となく行かなくなって

誘い合う回数も機会も減って・・・みたいに、自然にテンションが消滅・・・している

ようにも見えてましたが、ゲレンデで「ボードの若い人たちが減ってきているなぁ」

という印象以上に、千歳で目にした若い人たちの

激減 状態!! は、想像を絶するほどでしたよぉ。

全国の滞在型の冬のリゾート地や北海道などは、かなり深刻なのではないか・・・と

少々心配になってしまいます。

少なからず、経済状況も厳しいので淘汰があるのは仕方がないとは思いますが、

どんどん選択肢が減って行くと、選べない寂しさも出てきますもんねぇ。

まずは、景気が良くなってくれる事が最低条件でもあるしょうが、

若い人たちに、若いパワーで元気に遊んで欲しいものです!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)