魔法のアイテム??

斜面を後退りすることなく登れるようになる『魔法のアイテム』

それは…、

『Climbing skins』=『シール』

↓写真のようにスキーの滑走面に貼付けて使用するアイテムです↓

(今回ご紹介するのはG3のシール)

DSCN2231 のコピー

 

『どのようにして貼付けるの?   登れる仕組みは?』

 

と、疑問がわいてきそうですが、

滑走面に貼付ける面は『グルー』と呼ばれるノリ状になっていて、

かなりしっかりくっつきます。

↓写真だと分かりずらいですが結構、『ネバネバ!!』です↓

DSCN2460

貼付ける時はトップから!。フックのようなパーツを『カチッ』と2箇所はめ込むわけですが、

パーツは可動式なのでほとんどのスキーのトップの形状に対応します。

DSCN2492

トップを固定したらシールでエッジが隠れないように貼付けていきます。

(エッジまでシールで覆ってしまうと斜めに登る時にズリ落ちてしまいます)

DSCN2463

↓このようなカッターが同封されており↓、余分な所はカットする必要がありますが、

7400259_s のコピー

不安な方はピステにお願いすれば大丈夫!! 

 

テール側の固定の仕方は、↓写真のように↓

テコの原理でクリップを返すだけで簡単に固定できます。

7400695-2 のコピー

DSCN2458

他メーカーの『シール』もG3同様、シンプルな仕組みで取り付けが可能です。

 

次に雪の斜面を後退りすることなく登れる仕組みですが、

↓写真のように↓テールからトップ方向へ手でなでてみると

『ザラ、ザラザラザラッ!!』とすごく抵抗を感じ引っかかるような手触りです。

登る時にはこの抵抗がグリップ力を果たしてくれ、後退りしなくなります。

DSCN2501

↓今度は逆の方向↓へ手でなでてみると『スル、スルスルスルッ!!』抵抗なく滑ります。

DSCN2500

登りの際には、一歩ずつすり足で歩いて行く訳ですが、(すり足…ポイントですよ!!)

抵抗なく足を前に運ぶことが出来ます。

グリップ力も大事ですが、このスライド性・グライド性

も良い『シール』の条件になります。

DSCN2008 のコピー

さて次に、『素敵な景色を眺めながら登り、いざ滑りましょう!!』

となったら『シール』をバックパックに収納ですが、その時に必要なのが、

チートシートと呼ばれるメッシュのシート!!

DSCN2495

折りたたむ際にグルー同士を直接貼り付けてしまうと、とても剥がれにくくなるほか、

転写した面からグルーが剥がれてしまう可能性もあります。

↓こんな感じでチートシートを挟んで折りたたみましょう↓

DSCN2471

DSCN2473

折りたたんだら専用の袋へ、結構コンパクトになるのにはビックリ!!。

バックパックにもすっぽりです。

DSCN2474

これであなたもシールマイスター?

 

ではちょっと、イメトレです。

登る時のポイントは、やはり…、すり足

目をつむって、すり足でするするっと軽快に登っていくのをイメージです。

どうですか? 軽快に行きそうですか?

『BootsがBindingに固定されていて登りにくい…』

そのように思われる方、多いのでは?

 

『せめて、ヒール側だけでも上がってくれれば、

 

  かなり軽快にすり足で歩けるんだけど…』

 

ということで、次回は『Binding』が登場します。

IMG_5797

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)