アキのつれづれブログvol.1

を、勝手に立ち上げちゃいました、アキこと佐渡です。

定期的にレーシングの情報などを皆様に発信していければと思っています。

 

レーシングに興味がないという方も、ちょっとした裏情報や役立つ情報

上げていきますので、密かにみてください。

興味が湧いてくるかもしれません。

 

日本でのアルペン競技のルールが変更になって、2シーズンが終了しました。

大回転(GS)など大幅な回転弧(ラディウス)の変更によって、より難しくなったと思います。

R(ラディウス)=27の時は、気持ち良く切って滑っていけたのに、

R(ラディウス)=35になって、曲がらないし、綺麗に切れないと思います。

スピードがしっかり出ないと面白くないですし、緩斜面は苦痛になるばかりです。

 

これは、私がよく思っていることですが…。

 

でも、これが正式なルール。

安全面も考慮してのことなので、従うしかありません。

ただ、これは公認レースでのお話です。

 

公認大会に参加される方は、ルールに則っていかなければならないですが、

草大会は関係ないです。

基本的には、スキーならなんでもアリです。

ルールで、何センチ以上などと書いてなければ、何の板でも大丈夫なんです。

ファットスキーでも、ツインチップスキーでも、モーグルスキーでも、基礎スキーでもです。

スキーヤーならどなたでも出れる。滑れるのがポール(ゲート)です。

 

しかし、敷居が高いとか聞いたりします。

決して、そんなことはないはずです。

なぜかと言うと、子供がプルークでも滑ってこれます。

滑走中2

 

 

 

 

 

プルークとなると、普通でいうなら初級者になります。

初級者が滑れるものに、敷居が高いというのは…。

 

もっと皆様にポールを滑っていただきたいです。

普段とは違った景色や感覚を感じていただきたいです。

ポールを滑った後の変化も体感していただきたいです。

新境地となるやもしれません。

 

そのくらい、ポール(ゲート)の効果はあります。

DSCN1048

速く滑るかは、自分次第です。

自分の出来る範囲内で滑っていただければと思います。

 

今、ピステでは、早期予約展示会なるものを行っています。

ご来店頂いた皆様、ありがとうございます。

ご来店頂いた皆様には、アナウンスしておりますが、

来シーズンの市本・佐渡レッスン。

平日限定でレッスン初参加の方限定ではありますが、

先着2名、3名様に1000円にてレッスンを受けれる券を用意しております。

写真

レッスンに興味がある。興味が湧きそうになっている方、

お気軽にスタッフに声をお掛け下さい。

絶賛、配布中です!!!!

 

佐渡も7月土日は店頭にて、皆様のお越しをお待ちしております。

S__3080203

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、また。

 

アキ(佐渡)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)