アキのつれづれブログvol.3

ブログがなかなか更新出来ず、すいませんでした。

暑い、暑いと思っていましたが、

急に秋がやってきましたね。

シーズンまで、2ヶ月半です。皆様、シーズンへの準備はいかがですか?

私は、体重が落ちず焦っています苦笑

 

ピステでは、9月からイベント盛り沢山です。

 

19日(土) 田島あづみのオフトレセミナー

一流現役レーサーによる、最速で滑るためのトレーニングセミナーです!

レーサーのみならず、効率的な滑りを求めている方にもオススメです!!!

マル秘なトレーニング、情報もゲット出来るかもしれません。

21日(祝月)、22日(祝火)サンビレッジ茜人工芝スキーレッスン

スタッフ市本、佐渡ペアによる、福岡県の人工芝スキー場でのレッスンです。

雪上に限りなく近い状況でのレッスンですので、シーズン前にピッタリです。

シーズンの課題を明確にしませんか?

一日単位での参加はもちろん、宿泊プランもありますよ!

 

27日(日)大辻氏にスキー上達の為のオフトレセミナー

月一回ペースで開催のオフトレセミナーです。

怪我の予防やスキーに必要な体の部分を重点的にトレーニングします。

スキーの意識改革や感触の変化間違いなしです!!!

決してハードではないので、ジュニアからシニアまで

どなたでもご参加頂けます。

 

と、シーズンへの準備のお手伝いをさせて頂きますので、

有効にご活用下さい。

 

皆様のご参加お待ちしております!

 

イベントのお知らせでした!!!

 

 

が、

 

 

 

話は変わって、

今回は、エッジの角度について書きたいと思います。

工場も徐々にシーズン突入となり、

皆様からお預かりしている板を、順次、加工しています。

エッジの角度で一番多いのは、

サイド2°、ビベル1°です。

ゲレンデメインやカービングメインの方には、ピッタリですね。

 

ここをベースに、

ファットスキーやコブ板などは、サイド1°、ビベル1°と

あまりエッジを立てない板は、緩めに設定している方が多いと思います。

スキー初、中級者の方もこの角度がベストではないでしょうか?

 

基本的には、これで充分。板の性能を発揮できると思います。

 

後は、好みによって変わってきます。

サイドエッジは安定性。ビベルエッジは操作性となるわけですが、

ビベルエッジは1,5°までだと思います。

それ以上、角度をつけてしまうと、とても不安定な状態になってしまい、

滑走中に板がキョロキョロしてしまいますので、ご注意下さい。

サイドエッジは、3°。

日本の雪で4°まで使う時は、中々機会がないと思います。

技術レベルや条件に合わせて、エッジの角度をチョイスする方が、

怪我のリスクも回避でき、快適にスキーを楽しむことが出来ると思いますので、

是非、参考にしてみてください。

 

ここからは、レーサーの方向けです。

レースでは、グリップも反応も必要だと思います。

実際、ある程度の技術のある方は、サイド3°、ビベル0,5°が一般的になりつつあると思います。

SLならいいのですが、GSは事情が変わってきました。

男子なら、

前までは、R=27でしたので、大した問題ではなかったのですが、

今は、R=35です。乗っている方ならわかると思うのですが、

大変難しくなって、滑りにくくなったと思います。

なのに、今まで通り、SLと同様でいいのでしょうか?

私は、否だと思います。

ここ二年で、私も大変苦労しました。

板が細く、長くなっている分、

板をずらしやすく、ひっかかりの少ないものにしないといけません。

また、日本の雪は柔らかく引っかかりやすいのが特徴ですので、

R=35の板には、

サイド2°、ビベル1°がいいと思います。

角も立っているよりは、丸めがオススメです。

 

もし、R=35のスキーに苦労している方がいましたら、

是非、試してみて下さい。感触が変わるキッカケになるかもしれません。

 

実際、私自身もGSでは、サイド2°、ビベル1°をチョイスしています。

エッジの角度やチューンナップでご相談やご不明な点がありましたら、

お気軽にスタッフに声をお掛け下さい。

スペシャリストが揃っていますので、

皆様に合ったご提案が出来ると思います。

 

スタッフ アキ(佐渡)

 

 

 

 

アキのつれづれブログvol.3” に対して1件のコメントがあります。

  1. 高橋信行 より:

    質問させてください。
    クラウン目指してます。
    GS183、R25のマスターズ用の板でロング用にしてます。
    サイドは一度だと落としすぎでしようか?
    より、機動的に使用したくビベル一度、サイド二度で考えてますがご意見を頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

  2. aki より:

    高橋様

    はじめまして。スタッフの佐渡と申します。
    ブログを読んでいただき、ありがとうございます。
    ご質問の件ですが、個人の感覚や道具の状態によっても、
    変わってきますので、参考程度までにしてみてください。
    弊社で、最も多くお客様に選択いただいているのは、
    ビベル1°、サイド2°となっております。
    カービングターンメインの方や、草レースなどされているレーサーの方など、
    一般的に上級者と言われる方も、
    この角度の選択が多いように感じます。
    この角度を基準として、もっと板をズラしやすくしたいなら、1,5°。
    エッジグリップが欲しいなら、3°としてみるのはいかがでしょうか?
    ただ、サイドエッジなら、ご自身の手でも変更可能ですが、
    ビベル角度につきましては、チューンナップ仕上がりの時点で1°であれば、1,5°など角度を落とすことは可能ですが、
    反対に1°から0,5°や0,75°に戻すことは、滑走面を削らないと出来ないと思いますので、
    専門のチューンナップショップでの加工が必要となってきますので、ご注意ください。

    以上、高橋様の参考になれば、幸いです。

    ピステスタッフ佐渡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です