三種の神器 Vol.1

こんにちは! 『石田』です。

Back Country Ski のマテリアル紹介、

後半戦は安全面をテーマに進めていきます。

三種の神器・・・、というからには3つありますが、

今日はそのうちの一つ、『ビーコン』です。

bca_tracker3-300x300

Back Country Skiに興味をお持ちの方は聞いたことがあるかもしれませんが、

一般的には聞き慣れないアイテムだと思います。

シンプルに説明すると、

雪崩に埋没してしまった方を捜索するツール

 

電波を発信するモードと受信するモードがあり

かなりの精度で位置を測定できます。

通常は発信モードにしておき、雪崩に誰かが埋没してしまった時、

残りのメンバーは受信モードに切り替え捜索にあたります。

マルチアンテナ(デジタル)とシングルアンテナ(アナログ)がありますが、

方向・距離をデジタルで表示するマルチアンテナ方式(デジタル)がオススメ!!

捜索のスピードが早くできること、簡単に操作をマスターできることにメリットがあります

 

ピステオススメブランドは『bca』、その特徴は、

●複数の埋没者が発生した場合、常に最も近い電波を表示してくれる。

●複数のビーコンから発信される信号のタイミングが重なると受信ビーコンは

混乱して捜索が難航しますが、その現象による影響を受けにくい機能がある。

●直感的に使えるように機能がシンプル。

 

3つのラインナップからなります。

これから…という方は『TRACKER DTS』 でいきましょう!!

bcビーコン1,1

 

と、説明しましたが、こればっかりは実際に手にとってみて

使ってみないことにはイメージがわかないと思います。

そこで是非、11月1日(日)は、

『バックカントリーマテリアル講習会』

へ参加してみてはいかがですか?

五十嵐さんが分かりやすくレクチャーしてくれますよ!!

DSCN2101

 

ちゃっかり?、いやしっかり打ち合わせもしておきました!!。

みなさんのご参加お待ちしています。

DSCN1802

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

今年も呼びます!!

次の記事

アキのつれづれブログvol.4