ブーツの合間に・・・

なかなか思い通りの冷え込みにならなくて、暖冬傾向でスタートしている

今シーズンです・・・。

スキー場さんも、人工雪の維持・管理に大変なご苦労をされているご様子。

この努力に見合うスキーヤー・スノーボーダーの皆さんの来場につながることを

祈るばかりですが、まだまだ、雰囲気的にスキー場の方に気持ちが行ききらない

皆さんの方が多いのも現実かもしれませんねぇ。

チューンナップのお預かりスキーや、ジュニアレンタルのお引き取りのペースも

例年よりも少しばかりスローな感じがしています。

 

とは言え、人工で造雪されて営業をスタートしていただいているスキー場さんの

数としては、広島近隣は全国でも相当に恵まれた環境にあります。

天然雪への憧れが待ち遠しいのは本音としても、人工雪とは言え、スキーが

できる恵まれた環境を生かさない手はない!!

これまでの暖冬の雰囲気の中、例年以上に、人工雪での営業に努力されている

スキー場さんへの感謝の気持ちを強く感じる今日この頃です。

 

来週後半17-18日くらいからは、冬の空気に入れ替わりそうな予報も出ていますが、

自分たちが子供の頃、30年-40年前くらい前は、クリスマスや正月くらいが、

本格的な降雪開始時期で、シーズンインの定番はその時期が当たり前でした。

 

が、ここ10年-20年の間、やたらと期待以上に早い降雪を経験したりしてきたせいか、

12月に入るくらいになると、過度な期待をし過ぎる感覚をどこかしら抱くように

なってしまったようにも思います。一昔前のシーズンを記憶されている皆さんは、

そういえば・・・確かに・・・と、思い返されるのではないでしょうか????

 

無いものねだらず、あるところに感謝して、今の状況を楽しめるような大人ぶりの

あるスキーヤーになりましょう!!!!・・・よ。

 

という自分は、ブーツ作業に追われて、まだまだゲレンデに遊びに行かせて

もらう余裕がないのですが・・・。

今シーズン、チューンナップさせていただいたお客様の滑走フィーリングが

大変好評なコメントを多くいただき、大変嬉しく思っております。

まだ滑走されてないお客様は、オープンしているゲレンデで、新しい滑走感覚を

是非体感して下さいね。道具がきっかけで、スキーが更に楽しくなった・・・

と、感じてもらえるようになれば、ブーツチーンもスキーチューンも、やりがいの

あるものになりますものね。

 

尚、年内は9月末までにご購入で、まだブーツフィッティングをされてないお客様

の作業枠を最優先しつつ進めておりますが、年明け以降、10月以降ご購入のお客様や

再調整ご希望のお客様の時間に当てていくように努めますので、ご理解・ご協力

のほど、宜しくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

三種の神器vol.3

次の記事

対暖冬!を楽しむコツ!?