新潟・かぐらの魅力 Vol.2

『☆憧れの山小屋体験☆!! 

  設備が整った和田小屋に泊まろう!!』

ということで『和田小屋の魅力』を紹介します。

DSC_2098

苗場山の5合目・標高1,380mの雪原に建てられた『和田小屋』

昼はレストランとして営業し、夜は冬山の山小屋体験が出来る宿泊施設。

↓初期の頃の和田小屋でしょうか↓

10676325_658587390912833_4674546362720492887_n[1]

一歩中へ足を踏み入れると、

☆雰囲気がめちゃめちゃいい!! ヤバい!!☆

↓☆暖炉あり、☆中央は吹き抜け、☆オシャレな照明!!

DSCN2166

DSCN2170

DSCN2161

DSCN2167

↓昨年参加された、『◯宗さん』。完璧童心にかえっておられます!!↓

DSCN2162

 

『山小屋』と聞くとホテルと違い、

設備が大丈夫かな?寝る時は寝袋?お風呂は?ご飯は?しんどくないの?

と生活面での心配事がでてきそうですが、

大丈夫、ご安心下さい、かなり快適です!!

 

昨シーズン2月末、4月中旬と2度ほど僕も宿泊していますが、

ハイシーズンでも、中はTシャツ・ハーフパンツでOKなくらい暖かく、

暖かいお風呂、寝具もバッチリあります。

食事も山小屋とは思えないくらい美味しいごちそうが出てきます。

シンプルだけどボリュームもあり美味しく1日の疲れを癒してくれます。

苗場山の5合目・標高1,380mにあるのに、

一体どうゆうこと?、不思議な感覚です。

DSCN1964※厨房をのぞいたら、腕の良いコックさんがいらっしゃいました!!

↓昨シーズン、ツアーに参加された皆さんも、もりもり食べておられます↓

DSCN2160

 

木のぬくもりあふれる快適な山小屋『和田小屋』

 

昨シーズン、2度宿泊して感じたことは、

和田小屋に集まってくるのは、みなさん雪山を愛し、

ウィンタースポーツが大好きな人達ばかり。

ここで知り合うと、初対面の方同士でもすぐに意気投合。

これが一番の魅力!!

11021115_659282227510016_6012701479332042905_n[1]

↑写真はピステのお客様同士ですが、

違うグループの方同士でも、すぐに打ち解けるとこができます!!

ホテルと違って、寝るのも食事も一緒…。

暖炉の火を囲んでの会話は次から次へ大きな輪に広がっていきます。

年齢・性別・国籍・スキーヤー・スノーボーダー…、垣根はありません。

和田小屋マジック??恐るべし!!

 

一度『和田小屋』での宿泊を経験されると、

『また泊まりたい!!』

となるようで、

シーズン中…特に週末は予約をとるのが不可能に近いそうです

4月のツアーご希望の皆さん、ご安心下さい、しっかり抑えていますよ!!

 

そして和田小屋宿泊者限定特典…ファーストトラック!!

和田小屋があるのは標高1,380m、

目の前にあるかぐらゲレンデを独り占め。いち早く整備されたバーンを滑走できます。

↓ベースから上がってくる方は誰一人いません、どこから攻めますか??↓

DSCN2214

早朝の滑りを満喫したあとは、和田小屋人気のうどんで身体を温めて畳でごろ寝。

これも山小屋ならではの楽しみです。

帰りたくなくなるかもしれませんので要注意です!!

 

 

スキー場での宿泊…、おそらく

ホテルやペンション、旅館、民宿をご利用される方がほとんどだと思いますが、

ご紹介しましたように『和田小屋』ではホテル等とはひと味もふた味も違った

山小屋ライフを十分に満喫出来ます。

 

普段の生活では味わえない山小屋体験は

 

忘れられない思い出になること間違いないし!!

 

新しい宿泊スタイルを体験しに『新潟・かぐら』へ行かなきゃ損ですよ!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

新潟・かぐらの魅力 Vol.1

次の記事

新潟・かぐらの魅力 Vol.3