シーズンの締めくくり!! 駒ケ岳BCスキー by 店長Ver.

シーズンオフの締めくくりに相応しいスキーを!!・・・ということで、3年前から

シーズンオフに行き始めた、木曽駒ヶ岳BCスキー。

3年前からとは言え、初回はアイゼンなしでシール登行を前提に行ってはみたものの

雪のコンディションが、シール登行と太めのスキーには向かないシチュエーション

で、途中で断念。去年は、滑走予定前日に現地入りした日に、本日より自然植物

保護のため、スキー滑走禁止!!という最悪のタイミングを味わって、アイゼン登行

による、宝剣岳登頂登山に変更・・・という、目的を果たせないまま3年目を

迎えることになってしまいました。

今回は、私とBC担当スタッフとして勉強&体験強化中の石田君、レンタルK2の

湯浅社長と3名での旅です。

 

1しらび平

 

到着後、バスでロープウェイ乗り場まで移動して、ロープウェイで2600m超の

日本一高いところに立つホテル、千畳敷ホテルに向かいます。

2ロープウェイ1

3ロープウェイ2

4宝剣25

 

ロープウェイを降りると、目の前に3000m級の山々がそびえます。

右端が宝剣岳の頂き。去年、あのてっぺんに登って、角森君とともに、怖すぎて

足が震えていたのを思い出しました。

 

5駒神社

ロープウェイ降り場、千畳敷カールの入口には駒ケ岳神社のお社がありますが、

初年度2年前のシーズンは雪が多く、5月の20日くらいに行ったのに、御社の屋根の

上よりさらに2-3mの積雪があったことを思うと、改めて今年の雪の少なさを

感じずにはいられません。

 

6夜の駒

夜中の宝剣岳。この日は、星が鮮明には見えなかったのがちょっと残念でしたが、

月明かりに照らされた山と雪景色が浮かび上がっているのは、感動的でした。

前入りして、2600mの千畳敷ホテルに泊まった目的は、高度順応・・・・???

ではなく、この標高でしか味わえない、日中・夜中・夜明け・朝方・・・・

それぞれの山の風情を感じてみたかったからでもあります。

 

7TY朝1-1

夜明け前、薄明るくなり始めてきたところで、ご来光までの時間を風景写真

をとって風情に浸る、湯浅社長・・・と、その先には・・・

既にスキーをつけた人影が・・・

8TY朝1-2

ズームでとらえると、Pisteもお世話になる、PeakPerformanceライダーで

プロスキーヤーのTYさんのクルー。まだ朝4時半ですが・・・

仕事とはいえ、大変だなぁと関心してしまいました。

 

10ご来光

朝5時、山陰から、待望のご来光です。辺りはオレンジ色に染まってます。

11朝焼け南アルプス

西側に目を動かすと、だんだんと明るくなってきた南アルプスの山々が見えます。

この画像では、気付かないと思いますが、画像真ん中より右目奥にうっすらと

見えます見えます。富士山が・・・・

 

12富士

富士山です。こうして、ズームで見ると、ひと際高くて大きい山ですねぇ。

 

13朝焼けと宝剣

朝日を受け始めて、明るくなり始めた宝剣岳。

14朝焼けと月

月も共演。

9TY朝2

TYさんチームの姿がはっきり見え始めましたよ。20分経過辺りから、斜度もきつく

なって、シール登行は限界を超えたようで、アイゼンでのハイクアップ中ですね。

山頂まで、もう30分くらいですかねぇ???

下で待機されているのは、カメラマンかな???

このあと、どのラインを滑ったのでしょう???

 

15登頂前

朝の山の風情を堪能して、僕達も僕達なりの達成感を求めて出発!!

アイゼンつけて、ピッケル持って、スキー担いで・・・・

16アイゼン登り

1時間のアイゼン登行で9割くらいまで登ってきたころ、この男・・・40-50m滑落して

滑り落ちていきました。ピッケルは、石田君のためにある!!ということで、

ピッケル大活躍!!! 止まりました。

二人に遅れて何とか稜線まで到着!!!

 

17山頂タッチ

湯浅さんは、ハイタッチでお迎え!!

 

18山頂眼下

稜線から眼下に見える、千畳敷ホテル&ロープウェイ終点。

あそこから、1時間15分でこの稜線まで辿りつきました。

 

19 3000三山

登った稜線から反対側に目をやると・・・感動です!!!

手前右が木曽駒ヶ岳・右奥が乗鞍岳・左奥が御嶽山。

3000m級が揃い踏みって感じです。他の3000m級の山を同じ高さで、同じ目線で

見ているのも不思議な感覚ですよね。

 

20山頂宝剣

宝剣岳の頂です。湯浅さん、去年の登頂に思いを馳せる???ですかぁ??

画像を拡大して見てもらうとわかりますが、所々、登り降りのための鎖場があります。

過酷な登頂ですよねぇ。よく去年登ったなぁと、自己満足してしまいます。

 

21山頂裏三の沢谷1

よく休んで息を整えてから、足慣らしには良さそうなオープンな斜面を

400-500mくらい滑りました。もっともっと下まで・・・と、欲が出そう

でしたが、滑った分は登らないと行けない世界。ぐっと我慢!! でしたが、

頑張って登ってきた分の楽しさはとても新鮮!! 最高です。

 

22シールハイク

登り返しに備えてシール装着!!。

30分のシール登行で、スタート地点の宝剣岳まで戻ります。

 

 

23TY

宝剣岳の下まで戻ると、反対側の稜線にはTYさんらしきスキーヤーが、滑走待機中。

もしかして、その下の細いとこ行くの????

待つこと20分・・・撮影準備が整ったようで・・・最も狭いところは幅2m

広いところでも4mほどのところ、斜度的には50°くらいあると思いますが、

行きました!!! さすがプロ!!! 魅せられました。命、張ってましたねぇ。

3人で拍手喝采でした。

 

残念ながら、カメラの電池がここで終了。

 

あとは、最後の楽しみ、1本だけの宝剣岳下のランに挑みます。

最初にコースを覗いた時は結構怖いなあ・・・と思っていましたが、TYさんの

滑りに勇気をもらった気がしました。しかも、TYさんのラインから見たら

全然やさしく感じてくるから不思議です。

4宝剣25

 

僕らが滑ったのは、画像の中央部分のエリア。出だしは狭くて40°超えの

斜度ですが、徐々に広くなっているので、何とかなる!!! と、決め込んでいきます。

ワンターン刻むたびに、テンションが上がっていくのが分かります。

スリル感やスピード感、スキーの走り感や抜け出し感、挑戦心みたいなものが

全部入り混じって、ワンターンごとに感動レベルが上がってきます。

 

何とか転ばずに攻めた感じでクリアした瞬間・・・・

こんなに長い間、スキーをしてきたにも関わらず・・・

「たったの1本」だけなのに!!!

こんなに感動のある、こんなに達成感のある、こんなに充実感に満たされた、

たったの1本・・・は、初めての感動でした。

今までのスキー人生で最高のスキーの楽しさ・・・を体験できたように思いました。

たった1分ほどの滑走のために、半日近い行程を積み上げてのみ体感できる感動!!!

3人ともに充実感に満ち溢れた、最高の笑顔で感動を分かち合えた気がします。

 

こりゃあ、毎年のスキーの締めくくり行事になりそうな予感です。

 

石田君オリジナルの報告ブログもお楽しみ下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)