ブーツ無料相談会やってますが・・・

ブーツの無料相談をお受けしています。9月より開始しましたが、現在使用中の

ブーツについてのご相談をたくさん頂きました。

この機会にと、初めてご来店いただく方もたくさんお見えになっています。

他店ご購入分のブーツでのお悩みも含めて、ご遠慮なくご相談下さい。

===============================================================

最近のスキーショップさんでは、どこのショップさんでも、最低限の「応急処置的

なブーツチューンナップというものは実施されているようです。

応急処置的」なブーツチューンナップであっても、それもできなければ、この時代

中級者以上の皆さんが、その店でブーツを安心して買ってくださるということが

なくなってきていると感じています。

ピステでは、25年前からブーツチューンナップ(今思うと、当時はほとんどの内容が

応急処置的だったのですが・・・) をアフターサービスの一環として続けていますが、

7-8年前から、時代とコアなスキーヤーの進化とともに、痛いからその部分をシェル出し

(あるいは削る) するといった、単なる応急処置ではブーツチューンとは言えなくなって

いると感じるようになりました。結果だけに対処するだけでよければ、これほど簡単な

ことはないのですが、結果となっている原因や、もっと根本に隠れていて見えにくい

部分を理解していかないと、だめだなぁ〜と思うようになりました。

以降、山梨の「でんくらふと」というハンドメイドインソールの提案。そして、

足の特徴に応じたブーツを提案することにより、可能な限り履く人がナチュラル

に運動できること。同時に前後のポジションが安定してくることで、少しでも

疲労軽減と効率の良いスキー操作が可能になること。

さらに、足の特徴に応じたブーツを使うことで、それまでのブーツとの相性の悪さから

反射的に出ていた滑りのクセ(理想としない滑りのシルエット)を可能な限り消し去ること。

右足・左足の特徴を捉えて、滑走時の左右差を極力感じないようになってもらうこと。

そしてもちろん、快適性を可能な限り保つこと。


などを総合的に実現できることが、今の段階では「本当のブーツ選びとチューン」だと思う

ようになりました。

ブーツに足を入れてみて、自分にとって最高のパフォーマンスが発揮できる!! とか、

当たりもなくてフィット感は好みだけど、滑ったら膝がX脚的な運動になるなぁ!!とか、

瞬時に判断できるスキーヤーの皆さんって、どのくらいいらっしゃいますかねぇ。

たぶん5%以下の方くらいではないですかねぇ???

上級者の方でも、たいていの方は、当たりの有無とフィット感の好みや硬さの好み

といった部分に注目点が集まっている方が、ほとんどではないかと思います。

その感覚とこれまでの経験を頼りに選ぶ方が大半ですよね。

ということは、90%以上の方はブーツ選びの上では 初心者さん??? 素人さん???

(言葉は悪いですがごめんなさい) かもしれない!! とこちらは考えておく必要が

あると思っています。

「本当のブーツ選びとチューン」をお客様に提案しようと思うと、足の特徴に

応じた相性の良いブーツを数あるブランド・モデルの中から、見つけ出して

お伝えしなければなりません。店として推したいブランドがあったとしても、

いいブーツだ!! として誰彼問わず奨めてしまうと、滑走時にはたまたま相性の

良かった人と、最悪の相性だった人では、滑りが大きく変わってしまうことも

ここ数年で分かってきました。

いくら教えられても指摘されても、練習しても、後傾や前傾過多が治らないとか、

膝割れやX脚のシルエットが消えない・・・なんていうのは、この悪いパターンに

はまっている可能性が充分に考えられます。

私たち、ピステスタッフとしては、ブーツ選びの上では 初心者さん??? 素人さん???

(たびだび言葉が悪くてごめんなさい) が多いことを前提として、難しくない話を

順序立てて、体感してもらいながら比較してもらって、理解・納得してもらうことを

前提にした説明で、自分にとっていいブーツをご購入いただけるようにしています。

まだまだ、これからも色々と経験と発見を積み上げながら、

「本当のブーツ選びとチューン」を少しずつでも完成形にしていきたいと思います。

他店ご購入分ブーツも含めて、ご相談はいつでもお受けしています。

ご遠慮なく、ご来店下さいね。

まだピステに来られたことがないお客様でも、お気軽にご連絡下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

次の記事

岩谷さんと・・・