レスキューソリ???

一足お先に体験しました…

   『レスキューソリ!!』

dscn3552

 

先日、11月6日(日)に開催する『バックカントリーマテリアル講習会』

事前打ち合わせを、講師をお願いしている五十嵐さんとしておきました。

 

準備物や講習会の流れなどを確認したわけですが、

オフィシャルブログでお伝えしていますように

『より実践的』

講習会をススメていきます。

 

『ビーコン・プローブ・スコップ』で救護者を救出した後、

『レスキューソリ』を作り、救護者をそれに乗せて搬送するところまで。

 

『レスキューソリ??』

『そ、そり??』

『そり』と聞いてぱっとイメージがわいたのは、スキー場さんでパトロールの方が

怪我をされた方を搬送される大きなボート(そり)。

 

『実際雪山にあんな大きなそりをもって行くわけにはいかないし…』

『手持ちの装備で、人を搬送出来るような大きなそりが作れるわけないし…』

 

そこで、五十嵐さんに、

『実物、ちょっと見れませんか?』

と、お願いして、

↓↓講習会を前に実物を見せて頂くことができました↓↓

dscn3548

 

写真は既に組み立てられた状態になっていますが、

講習会ではこれを一から組み立てます。材料は??というと、

スキー、ポール、ショベル、

    バックパック、ロープetc…』

なんと、BCにおいての必須の装備で出来てしまいます。

あえて必要になるのは、ロープなどの細かい部品などでしょうか。

 

実際に乗せて頂いたわけですが、↓↓↓

dscn3549

 

スコップのブレードにお尻がのって、背中はバックパックの上に。

想像以上に違和感がなく、心地良い感じです。

腕はクロスしてバックパックのベルトで固定。

dscn3550

 

足はロープでしっかりと固定します。

dscn3551

 

実際に持ち上げて運んで頂いたわけすが、

『予想以上の安定感!!』

に、ただただ、ビックリでした!!

dscn3552

 

11月6日の講習会ですが、

あと2〜3名位はご参加可能です。

ご都合あう方は、是非ご体験ください!!

 

※参加ご希望の方は、お店まで事前にご連絡をお願い致します。※

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です